アイマグブログ― カマタヒロシ 

imag002.exblog.jp ブログトップ

The Great Rock'n'roll Swindle

マルコム・マクラーレン
偉大なるロックンロール詐欺師と名乗ったピストルズの仕掛人であり
元妻ヴィヴィアンとの[LET IT ROCK],[SEX],[SEDITIONARIES],[WORLD'S END]
といったショップやレーベル(ブランド)での強烈な表現には本当に影響受けた。
ある時期の自分にとっての全てだったと言っても過言ではないほど。
この人の最も優れている点は何といってもその先見性に尽きる。
b0133206_2383681.jpg

アルバム[Duck Rock](1983)ではトレバー・ホーンをプロデューサーに迎え、
いち早くヒップホップに着目、World Famous Supreme Teamを起用し、
スクラッチをポピュラーにした。
このアルバムは単にヒップホップのオールドスクール的サウンドに終始しておらず、
ワールドミュージック的な感覚も先取りした多様な音楽との融合に成功している。
そういう意味ではコンセプトアルバム的というか、
1枚通して素晴らしいミックステープを聴いているような内容だ。
今でも頻繁にターンテーブルに乗せる。
このアルバムを含む一連の12インチシングルなどのアートワークも影響大きすぎる。
そういえばキースヘリングもステューシーも全部この人発信だったし、
ポップカルチャーの宣教師的役割も果たしてきたと思う。
何かで読んだことあるけど、マルコムが80年代初頭にニューヨークに行った時にストリートで
[Never Mind ~]と書いた黄色いピストルズのTシャツを着て歩いてる黒人を見つけて
話しかけてみたらそれがアフリカバムバータだったという話があってとても興味深かった。
この後のワルツだオペラだっていう展開にはあまり心揺さぶられなかったけど、
最近あらためて過去の作品を聴きなおしている最中。


b0133206_2392252.jpg

↑このラジカセのデコレーションは真似したかった

b0133206_2310223.jpg

↑数年前に出たDVD。[Duck Rock]期の映像テンコ盛り

b0133206_23112215.jpg

↑6~7年前に自主制作したメッシュキャップ。

b0133206_2312169.jpg

↑トピックス!こんなTシャツがもうすぐ世に出るらしい。


b0133206_23124899.jpg

[PR]
by imag0020 | 2009-05-22 23:14 | My Favorite Things
line

DJ / 音楽評判家 / 80's洋楽王 / マットマートンファンクラブ / アイマグ編集長


by imag0020
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31