アイマグブログ― カマタヒロシ 

imag002.exblog.jp ブログトップ

反応

b0133206_10460863.jpg

シーナ&ロケッツ松山ライヴ無事終了しました。
シナロケが前回松山に来たのは約30年前、
今はなきラフォーレミュージアムだったそうだ。
確かに当時はラフォーレでよくライヴやってたがシナロケも来てたのか。
全く記憶にない。当然行ってない。
知ってたら行ったと思うのだが。
サロンキティが23〜24年らしいので、
当時まだ存在していなかったことになる。

普段のクラブでのパーティやライヴと違って、
僕の周りでも世代によって反応が様々だったが、
いざ蓋を開けてみると意外に友人・知人が集まっていて、
僕がDJやってることを知らずに来た知人に驚かれたりした。
b0133206_10460856.jpg

b0133206_10460941.jpg

今回ライヴ前のオープニングとライヴ終了後に
DJをやらせてもらったのだが、
長年の経験からライヴ目当てでライヴハウスに来た
お客さんをノセるのがいかに難しいか知っている。
ましてや、今回はライヴの告知が始まってから僕の出演が決まったので、
オープニングDJがいることを知らないお客さんも多く、
お客さん自身にその心構えが出来ていないというか。
通常はローカルのバンドが出てる場合が多いけど、
僕が好き勝手レコードをかけるという場を与えてもらった。
b0133206_10461068.jpg

ライヴ中、
「さっきMr.DJがコステロのPump it upかけとったね」
って鮎川さんがMCで触れてくれて、
シナロケがエルヴィスコステロ
オープニングアクトでデビューした話に繋がっていったところは個人的にグッときました。
鮎川さんが聴いてることを意識して、
普段はほとんどかけたことのない
Dr.フィールグッドなんかもかけてみたり。
終わってから「さっきは名前が出てこなくて
ちゃんと紹介できなくてゴメンやったねー」
って。
ホント恐縮しました。
b0133206_10461020.jpg

ユー・メイ・ドリーム』を歌う時、
鮎川さんが、この曲とシーナへの想いを語っていて、
多くのお客さんが感動した場面だったと言っていた。
いやー、本当に良いライヴだったな。
例えばサディスティックミカバンドみたいに
新しくヴォーカルを迎えてシナロケをやるって
選択肢は鮎川さんには無いだろう。
不器用でも鮎川さんが歌う姿にロックを感じた。
「あの年齢で」なんて前置きは必要ないが、
一切ゴマカシ無し(ギターのエフェクターすら無かったと思う)のスリーピースバンドで、
ガンガンに弾いて叩きまくって。
b0133206_10461129.jpg
常に鮎川さんと行動を共にする味の出まくったレスポール

「四国八十八ヶ所ならぬ四国四ヶ所ツアーやけど」
って名言を残してシナロケのツアーは続く。
貴方の街にも来たら絶対に観た方がいい。
b0133206_10461199.jpg

「なんで真空パックとユーメイドリームはジャケット2種類あるんですか?」と質問中
b0133206_10461296.jpg

b0133206_10461223.jpg




b0133206_10461325.jpg

ボブグルーエンの写真集より RICO SWEETS所蔵

[PR]
by imag0020 | 2017-08-20 10:16 | My Favorite Things
line

DJ / 音楽評判家 / 80's洋楽王 / マットマートンファンクラブ / アイマグ編集長


by imag0020
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30