アイマグブログ― カマタヒロシ 

imag002.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:80's洋楽王( 2 )

鍵盤

b0133206_12021898.jpg

8年前に亡くなったマイケル・ジャクソンさんの

遺品のオークションが行われ、

日本人の女性がジャケットを約1000万円で落札しました。

50代の日本人女性が落札したのは

「今夜はビート・イット」で着た赤いジャケットで、

今回、最も高い約1080万円でした。

このオークションにはマイケルさんの関連の32点が出品され、インターネットを中心に数千人が参加したということです。』

b0133206_12040179.jpg

80s洋楽王として見逃せないニュースが。

まず、コレは "BEAT IT" PVで着てた

ジャケットってことなんでしょうけど、

コレはそもそも市販されてたものなのか?

MJ用に特注されたものなのか?

MJが好んで着用していたものなのか?

それとも単に衣裳として用意されたものなのか?

一着しか存在しないのか?

どうだったんでしょうね。

当時この曲がヒットした後にコレ風なジッパーのいっぱい付いた革ジャンがいろいろなところから出てたのを記憶している。

レザーじゃなくてビニール製のペラペラのやつもあったな。

でも、アレを着るのは正直勇気いると言うか、

マイケル風どころかあまりにもマイケルそのものだから、

かなり恥ずかしいなと思ってました。

今で言うコスプレに近い感覚。

でも、80年代初頭のヒップホップのアーティストなんかも似たようなのを着てるのを見かけて、

あー、彼らもMJが好きなのか、

もしくは単に黒人の間でトレンドだったのか。

って思って微笑ましいなと思うように。

b0133206_12055732.jpg
b0133206_12045781.jpg
まー、その後の "Thriller" PV時の赤いジャケットも、

"BAD" の時の黒いジャケットもそれぞれ流行ったんですけどね。

話は逸れますが、当時僕はこの "BAD" に対して否定的と言うか、

BADってタイトル、ダサくないか?」と思ってました。

で、その頃クラッシュのミックジョーンズが

Big Audio Dynamite 略して BAD ってグループをやってて、

b0133206_12073150.jpg

彼らが着用してたオリジナルBADキャップをロンドンからわざわざ買ってきてもらって入手したんですけど、

まー、かぶってると必ず

「オッ、マイケル?」って言われましたね。

自然と被らなくなっていきましたよ。

で、話は戻りますが、

この "BEAT IT" PVをみんなが観たことある体で書いていきます。


今となっては改めて最初から見る事もないと思うので一応貼っとく。

僕はこの赤いジャケットよりも、

1分20秒くらいのところでマイケルがベッドの上で寝転んでるシーン、

この時に着てるTシャツが気になってたんですよ。

b0133206_12102034.jpg
b0133206_12104243.jpg

僕は勝手に鍵盤音符Tシャツって呼んでるんですけど、

このTシャツを着てるのは、このシーンだけで、

他のシーンのレザージャケットの下には違うTシャツを着てるので、

鍵盤音符Tシャツについて語られることは滅多にないのですが、

コレがどこかのブランドのものなのか、

その辺りも今となっては全く手がかりがない。

どうしても欲しいなと思って調べたりしたんですけど、

やはり同じ様にこのTシャツに着眼した人が他にもいたようで、コピーして作ってたところがあったんですよね。

しかも、やはり日本人

でも、売ってたら欲しいなと思ったけど、

もうその時点でかなり前の物だったみたいで手に入らず。

そしたら、もっと身近なショップでノリでプリントしたものを1枚いただいたんですよ。

しかも、ちょっとチープなボディにプリントしてあって、ホントに古着みたいな出来で。

ギャズメイオールが着ててもおかしくないようなTシャツで、

気に入って一時はしょっちゅう着てました。

で、もう着倒してボロボロになったので、

新しいのが欲しくて前から自分で作りたいと思っていて。

ただ、ホントにこの短いシーンのキャプチャ画像しか存在しないので、

一からデータを作らないといけないのが大変。

今回のオークションみたいに、もしこのTシャツの現物が現存するなら是非見てみたいものです。

もしかして、今回のオークションに出品されていた32点の中にあったとか。

レザージャケットで1080万ならTシャツは幾らくらいになるのかな?

出来ればその日本人の女性が落札して公開してほしいものだ。

ま、僕の場合はマイケル云々は全く関係なく

このTシャツが欲しいだけではあるけど。

b0133206_12120716.jpg

MJ没後にこの手のものを作ってる人は増えたと思うので、今ではどこかで簡単に手に入るのかもしれない。




b0133206_12253180.jpg

あとは、スリラーのPVの映画館のシーンで着用してた赤いスタジャンも欲しいな。



[PR]
by imag0020 | 2017-11-06 12:01 | 80's洋楽王

発見

b0133206_20152158.jpg
"Love of the Common People" by Paul Young

これは英国のシンガー、ポールヤングが1982年にリリースしたシングル。
(オリジナルはフォートップス、1967年)
ポールヤングが本格的にアメリカでヒットするのは2ndアルバム以降だが、
b0133206_20163181.jpg
この1stアルバムも英国チャート1位を獲得する大ヒットを記録していて、
日本盤もリリースされていたことからよく聴いていた。
このアルバムはカヴァー曲が多いのが特徴で、
マーヴィンゲイの"Wherever I Lay My Hat (That's My Home)"や、
さっきのフォートップスなんかはポールヤングのソウルフルなヴォーカルにピッタリはまっている名カヴァーだった。
意表をつかれるのは、なんとジョイ・デイヴィジョンのカヴァー
b0133206_20175238.jpg
"Love Will Tear Us Apart"
これがまた素晴らしい。
正直言って僕は当時まだジョイ・デイヴィジョンを聴いたことなかった。
後になってジョイ・デイヴィジョンを聴くようになり、
アレ?この曲ってポールヤングの!?」って驚いたものだ。
僕の中のポールヤング像とジョイ・デイヴィジョンが全く結びつかなかったから。
さっきジョイ・デイヴィジョンの原曲の動画を見ていたら、
久しぶりにポールヤングの方も聴きたくなって
動画検索してみたついでに関連動画にあった冒頭の
『Love of the Common People』に行き着いた。
思わず懐かしくて見入ってしまったが、
このカヴァーも後にレゲエを聴くようになった時に、
ニッキー・トーマスというシンガーが1970年に
ジョー・ギブスで歌っているシングルを聴いて、
同じように「アレ?この曲ってポールヤングの!?」って思った。
改めてこのポールヤングのカヴァーを聴いてみると、
ちょっとレゲエ風にも聴こえなくもないというか、
きっとポールヤングもフォートップスではなくてニッキートーマスのヴァージョンがちょうど10代の頃にヒットしていて聴いていたんだろうな、
なにしろ、この辺りの初期レゲエは普通に英国シングルチャートの上位に入っていたし。
と勝手に想像して、なんとなく嬉しくなったりした。
すると、PVの曲の中盤でポールヤングの後方にいる
バンドの中に見慣れた顔が一瞬映った。
あれ?と思ったら間奏のトロンボーンのソロシーンで、
リコ・ロドリゲスが映った!
当時、このPVを見る機会がなかったし、
まだリコの存在もよく知らなかったから
見ていたとしても気付きようもないのだが、
そもそも、あれだけ聴いていたのにリコが客演していたことすら
今の今まで知らなかった!
b0133206_20212713.jpg
80年代初頭にスペシャルズや2トーン作品に参加したり
ソロを吹き込んでる以外にも
ザ・メンバーズやイアン・デューリーの作品にも参加しているし、
数々のルーツ・ロック・レゲエの名作にリコの名がクレジットされているものもファンとして見逃さないようにしていたつもりだが、
まさかのポールヤングとは。
さっき「ちょっとレゲエ風にも聴こえなくもない」と、書いたが、
別にモロにレゲエって感じの曲でもないのに、
リコにオファーしていたポールヤングのセンスがスゴイ。
元々好きだったこの曲がリコ関連作になったのは嬉しい発見だ。
アルバムしか持ってなかったけど早速シングル探してみよう。

それでは、どうぞ。

[PR]
by imag0020 | 2017-07-10 20:14 | 80's洋楽王
line

DJ / 音楽評判家 / 80's洋楽王 / マットマートンファンクラブ / アイマグ編集長


by imag0020
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31