アイマグブログ― カマタヒロシ 

imag002.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:レコード日記( 38 )

紐育

昨日に引き続き、

箱から一掴みした歌謡曲・ポップスの

7インチシングル限定で、

松本隆の歌詞に注目してチョイスする後編。


b0133206_10375440.jpg

6位

薬師丸ひろ子『すこしだけ やさしく』(1983)

作詞 松本隆 作曲 大瀧詠一


『セーラー服と機関銃』に続くセカンドシングルで、

薬師丸自身が主演した映画『探偵物語』の

主題歌との両A面シングル。

どちらも松本・大瀧コンビの曲だが、

『すこしだけ やさしく』の方がモロに大瀧節の楽曲。

これも昨日の『風立ちぬ』同様、曲の冒頭で

タイトルを使ってサビにするパターン。

b0133206_10385191.jpg

1番では「少しだけ優しくしてあげる」

2番では「少しだけ冷たくしてあげる」と、

正反対の供給を告げるツンデレソング。

2番には

「ガラス越しの店でミルクティー飲んでいるの」

と、唐突かつ謎のツイートがブリッジになっている。


b0133206_10392765.jpg

7位

中原理恵『東京ららばい』(1978)

作詞 松本隆 作曲 筒美京平


レコード大賞新人賞を獲得し紅白にも出場したヒット曲。

b0133206_10401331.jpg

まずは歌い出しの

「午前三時の東京湾(ベイ)は」だろう。

これが「とうきょうわん」だったら印象がまるで異なる。

あくまで個人的な意見だが、

今では一般的になっている「東京ベイエリア」

って呼称はもしかしてこの曲から?と思っている。

それとも、これ以前からあった表現なのだろうか?

あとは「ねんねんころり寝ころんで」の、

なんとも言えない語感も良いし、

締めの「ないものねだりの子守唄」まで

一気に流れていくのも良い。

ただ、「地下があるビルがある」

「部屋がある窓がある」のくだりは

何を表してるのか意味不明だ。


b0133206_10410536.jpg

8位

Y.M.O.『君に、胸キュン。』(1981)

作詞 松本隆 作曲 Y.M.O.


YMOに対して『テクノ歌謡』という括りが

果たして適正なのか迷うところだか、

この曲はYMOがヒットチャート1位を狙った

まさテクノ歌謡クラシック。

元々カネボウ化粧品のCM用の曲であり、

CMのキャッチコピーでもあった

「胸キュン」をテーマに作られた曲。

実は、1年前に松本隆・細野晴臣コンビで

山下久美子『赤道小町ドキッ』をヒットさせた経緯があり、

その際に歌詞中ではないが「胸キュン娘」というフレーズが

使われていた説があるので、

やはり松本隆が考えた言葉だろうか?

b0133206_10440575.jpg

曲の間奏で突然イタリア語が出てくるが、

その後で「伊太利亜の映画でも見てるようだね」

という歌詞に繋がっている。

(伊太利亜と表記するのも松本隆スタイル)

タイトルに「、」「。」を用いるのも珍しかったのでは。


b0133206_10433629.jpg

9位

森進一『冬のリヴィエラ』(1982)

作詞 松本隆 作曲 大瀧詠一


ジャケのスウェットセットアップ姿が眩しい

演歌歌手(とイメージされている)森進一にとって

ポップスへの大胆な挑戦となった曲であると同時に、

松本隆にとっても「第16回日本作詞大賞」で

初のグランプリを獲得した曲である。

リヴィエラとはイタリア語で海岸のことらしい。

松本隆の中でイタリア語がマイブームだったのか?

b0133206_10450923.jpg

実は森進一はこの次のシングルで続編的な

『紐育(ニューヨーク)物語」(作曲 細野晴臣

編曲 坂本龍一)、

(モチロン、紐育と書くのも松本隆スタイル)

さらに次のシングルでも『モロッコ』(作曲 筒美京平)と、

3枚連続で松本隆を起用しており、

「松本隆 海外3部作」と呼ばれている。

b0133206_10470019.jpg

冒頭の「彼女」を「あいつ」と読ませる得意の手法、

そして語り口調の歌詞。

これは誰が誰に語りかけているのか?

彼女(あいつ)を置いて旅立つ主人公が、

誰か第三者に伝言しているような内容だ。

「やさしさが霧のようにシュロの樹を濡らしてる」

「皮のコートのボタンひとつ とれかけてサマにならない」

この部分だけが主人公の語り口調ではなく、

状況を説明するナレーションのようになっている高等テクニックだ。

曲は『風立ちぬ』などと全く同じ、

一聴して大瀧と解るコード進行で、

歌詞を入れ替えても歌えそうなほどだ。


b0133206_10485920.jpg

10

大滝詠一『さらばシベリア鉄道』(1981)

作詞 松本隆 作曲 大瀧詠一


大ヒットアルバム『A LONG VACATION

からのシングル・カット。

b0133206_10495359.jpg

ナイアガラ・トライアングル『A面で恋をして』

とのカップリングでリリースされた。

元々この曲は大滝自身が歌うために作られた曲だったが、

この歌詞の主人公が女性であることから、

大滝が歌入れに難色を示したため、

代表作『木綿のハンカチーフ』を始め、

初期のシングルのほとんどが松本隆作品だったシンガー

太田裕美に提供することになった。

b0133206_10503507.jpg

つまり、世に出たのは太田裕美ヴァージョンが先で、

大滝はセルフカバーとしてアルバムに収録したのだ。

太田裕美版は大してヒットしなかったので、

結局こうやってシングルカットするくらいなら、

最初から普通に自分の曲として出せば良かったのにと思わなくもない。

それに、そこまで大滝が難色を示すほど、

女性っぽい歌詞でも無いような気がするが。

b0133206_10554655.jpg

「伝えておくれ十二月の旅人よ

いついつまでま待っていると」


それにしても、このシベリア鉄道という

舞台設定は何処から生まれたのだろう?

ロングバケーションって夏のアルバムって

イメージだったし。


という訳でまたまだ山ほどあるけど今日はここまで。



(文中敬称略)


[PR]
by imag0020 | 2017-09-18 10:36 | レコード日記

作詞

b0133206_15215441.jpg

レコード・コレクターズ

201710月号

定価823円(本体762円)

A5256ページ

2017101日発行


特集 作詞家・松本隆の世界


http://musicmagazine.jp/rc/


和モノ(と言うより普通の歌謡曲やポップス)の

7インチ(100円~300円くらい)を買う際、

リサイクルショップ等では試聴不可能な店が多いので、

知らない曲を買う時の判断基準は、

まず作詞・作曲・編曲者のクレジットをチェックすることだろう。

例えば80年代のヒットシングルが10枚あれば

そこに松本隆の名前を見つけるのは容易なことだ。

松本隆+筒美京平(作曲)

松本隆+大瀧詠一(作曲)

松本隆+細野晴臣(作曲)

と言ったコンビネーションが多い。

日本のロックの特集を組んだ雑誌では、

必ず、はっぴぃえんどのファミリーツリーで

上位を独占しているのを見るけど、

結局、ヒットチャートの常連アイドルやシンガーも

この人達が手がけていたのだ。

特に松田聖子や近藤真彦のヒット曲なんて、

ほとんど松本隆の作詞じゃないか?

失礼ながら、コイツら一体印税幾ら稼いだん?と、

思ってしまう。

しかも、松本隆ってドラマーだし。

バンドの中でドラマーが作詞するパターンは

かなり珍しいのではないか?

(YOSHIKIとかフィルコリンズとか?)

と、ここまで書いていて思ったのだが、

僕はそれほど歌詞に関心が無い人だった。

やはり、曲のメロディやリズムに魅かれて、

聴いたり、かけたりすることが多いので、

「コレ、コレ、この曲のココ(歌詞)聴いて!」

なんて気持ちになることはほとんどないのだった。

でも、曲の進行の中で歌詞のこんなところを工夫してあるなって注視することはある。

と言うわけで、今日は目の前にあるボックスに入っている

歌謡曲・ポップスの7インチシングル限定で、

松本隆の歌詞に注目してチョイスしてみる。


b0133206_15244478.jpg

1位

原田真二『タイム・トラベル』(1978)

作詞 松本隆 作曲・編曲 原田真二

b0133206_15250396.jpg

1番の4行目

「蕃紅花(サフラン)色のドアを開けたよ」

サフランという植物の漢名をわざわざ使っているところにこだわりを感じる。

正直カタカナがなければ読めないところだ。

(花の名前は松本隆の詞世界にはよく登場する。)

あとは、曲のテーマであるタイムトラベルを

1番ではピラミッド、2番ではアメリカと、

具体的な地名はちょっと匂わすだけで完成させている。

是非、長編で完全版を書いて欲しいものだ。


b0133206_15260947.jpg

2位

南佳孝『スローなブギにしてくれ(I want you)』(1981)

作詞 松本隆 作曲 南佳孝

b0133206_15264692.jpg

そもそも松本隆プロデュースのアルバム

『摩天楼のヒロイン』でデビューした南佳孝。

やはりこの曲にトドメを刺す。

めちゃめちゃカッコつけたタイトルなのに、

「スローなブギにしてくれ」という歌詞は一切登場しない。

もう、冒頭の「Want you~♪」

一発で勝負を決めている力技だ。


b0133206_15270958.jpg

3位

寺尾聰『ルビーの指環』(1981)

作詞 松本隆 作曲 寺尾聰

b0133206_15273887.jpg

説明不要の大名曲、大ヒット曲だが、

まず、タイトルに「指輪」ではなく「指環」

という書き慣れない字を持ってくるのが松本隆スタイル。

そして、歌い出しの

「くもり硝子の向こうは風の街」で、

いきなり松本隆の代名詞である「風街」を

使っている。

この曲にかける意気込みを感じずにはいられない。

「問わず語り」なんて表現で主人公の孤独を感じさせ、

「枯葉ひとつの重さもない命」

「重さもない」という言葉で逆に重さを表現、

最後に「貴女を失ってから」で、

「貴女」つまり、恋人の死を表現する

完璧なストーリーテラーぶりである。

最後の行でいきなり「二年の月日が流れ去り」

と、時間を強引に経過させるのだが、

まだ「街でベージュのコートを見かけると

指にルビーのリングを探すのさ」なんて、

まだまだ面倒な心理状況にあることをうかがわせる着地になっている。

ベージュのコートを見る度に近寄って指をチェックするなんて実際にやったらアウトだ。

しかし、主人公の心の内側を端的に表現している。


b0133206_15281603.jpg

4位

松田聖子『風立ちぬ』(1981)

作詞 松本隆 作曲 大瀧詠一

b0133206_15285791.jpg

先述の通り松田聖子の作品に松本隆の詞は欠かせない。

あまりにも名作が多くてどれを選ぶか悩んだが、

やはりこれにした。

タイトルは松本隆のオリジナルではないが、

この言葉に松本隆が魅かれたのだろう。

曲の冒頭でサビを持ってきてタイトルも使うパターンの名作に仕上がっている。

「涙顔見せたくなくて

すみれ・ひまわり・フリージア」

意味はよく解らないが秋の高原にいる主人公の気持ちを

季語として花を羅列する手法で表現しているのか。

涙のインクでしたためた「SAYONARA」連呼はちょっと怖い。


b0133206_15294682.jpg

5位

榊原郁恵『ROBOT(1980)

作詞 松本隆 作曲 筒美京平


同じ年にヒットした沢田研二『TOKIO』とともに、

いわゆるテクノ歌謡の先駆けとされる名作。

YMOを意識した「ピコピコ路線」

タイトルもおそらくクラフトワークからだろう。

ここでは「ロボット」を無機質なメイドのような捉え方で

榊原郁恵に演じさせているのだが、

実は普通の女性の恋愛感情を表現している。

このロボット感が榊原郁恵のキャラクターに

合っていたのかどうかは不明で他のアイドルが歌えばまた違った結果になっていたのではないかと思うが、

松本隆も苦心して作ったのではないかとも想像した。


というわけで今日はここまで、続きは後日。

そういえば、昨年、愛媛に松本隆さんが来られていた時に

偶然、RICO SWEETSで隣の席にいらしていたことあったなー。

あれはビックリした。


(文中敬称略)









[PR]
by imag0020 | 2017-09-16 15:21 | レコード日記

形容

b0133206_08281672.jpg
Okawa & The Rulers
/ 白い花 (Mussieu A Tet'a Poisson La)
c/w Smiling
(Down Beat Ruler ー DBRV003 / 45rpm / 7" / JPN / 2017)

第3第シングル

このバンドの凄いところは
スカだのカリプソだのジャズだのと
その「音」を他者に簡単に形容させないところだと思う。
(少なくとも僕には芯を喰った表現ができなかった)
これほどこだわってカッコいい音楽をやっていても、
まだどこか粗削りで未完成で
このあとにとんでもない展開が待っているような
全く底の見えない得体の知れなさ。
前回の『お城の中で』とか、
もはや何のカバーだとかもどうでもいい、
彼らのフィルターを通ったオリジナルとして認識している。
もしかしたら、その音を具現化するための「バンド」なんていう
パーマネントな形態にすら重きを置いていないのかも。
て言うか、もうジャケだけで買う価値ある。
ジャーゲのソロでもこんなん無かったし(笑)

#vinyl #45rpm #7inch #japan
#ジャーゲジョージ #TheRulers
#DonDrummond

[PR]
by imag0020 | 2017-06-23 08:27 | レコード日記

音頭

『素晴らしき邦題の世界』

アイマグブログ初期の頃に紹介していたシリーズ
洋楽シングル邦題マニアの僕が長年探し求めた1枚。
b0133206_10082319.jpg

コステロ音頭
原題は[The World and His Wife]
名盤アルバム[Punch The Clock]
からのシングルカットで、
A面『シップビルディング』は、
82年当時のフォークランド紛争に対する風刺を唄った名曲であり、
もともとはロバート・ワイアットに提供した曲をコステロがセルフカバーしたものだ。
ひっそりとチェット・ベイカーがゲスト参加していたりする。
問題のコステロ音頭はそんな名曲シングルのカップリングとして収録されているのだが、
なぜ、こんな脱力系タイトルになったのか?
一瞬、コステロが大瀧詠一のように音頭に取り組んでいたのか?
と本気で思ってしまうが、
なんのことはない、
ただこの曲のイントロが
「音頭っぽく聴こえる」
というだけなのだ。
この曲の訳詞は、かのピーターバラカン先生が書かれたそうで、
ライナーノーツも書かれていた。
この邦題もレコード会社の担当ディレクターのおふざけではなく
バラカン命名説もある。
現在流通しているアルバムでは、
原題をカタカナ表記した邦題に変わっているらしく、
それもあって、このシングルがレア盤(または珍盤)扱いされているのだ。
コレ、いざ探してみるとホントに見つからない。
たまにバカみたいに高額で出品されていて、
ただ邦題が面白いというだけで、そんな値段で買う人がいるとは思えないのだが、
(普通に名曲シップビルディングのシングルとして欲しい人もいるんだろうけど)
この国内盤7インチに関しては、ジャケにある『コステロ音頭』という文字が、プレミア価格の大半を占めている。
大体この手のレコードが出てくる時って放送局などから処分された見本盤だったりするけど、
今回は全くの偶然で、
盤もジャケも新品みたいな状態の奇跡の1枚に出会った。
値段も信じられないくらい安くて、
もしかして知らない間に再発でもしたのかと思ったほど。
手に入って嬉しかったが、
だからと言ってDJに使える訳でもなく、
結局はこうやって話のネタにした後は他の7インチとともに箱に入れられるだけではある。
聴きたければアルバムも持ってるし、
もう役目は終わってしまったのかも。


[PR]
by imag0020 | 2016-04-11 10:04 | レコード日記

攻防

久しぶりに手に汗握る
と言えば大袈裟だが、
しびれるオークションの攻防を観た。
b0133206_13012149.jpg

デヴィッドボウイ
冷たい炎
の国内盤7インチシングル。
原題は『The Prettiest Star』で、
1970年にリリースされている。
「アルバム『Aladdin Sane』収録の同曲とはアレンジが異なる」
という解説のみで1000円スタートで出品されているのを偶然発見したのだが、
コレ、珍しい盤だと思うけど
一体幾らくらいになるんだろ?
って興味あったので、
ウォッチリストに入れておいたら、
開始直後まだ終了まで6日もあるのに、
あっという間に16万まで上がっていた。
しかも、
出品者は明らかにこれほどの反応を予想していなかったようで、
「送料は定形外140円です」
と呑気なことしか書いていない。
さすがに10万超えのレコードを補償無しの発送では買わないだろう。
もはや野次馬根性だけで昨夜の終了まで見守っていた。
終了1時間前の時点で、
なんと60万まで上昇して停まっていたので、
こうなったら引くに引けなくなった者同士の一騎討ちが終了間際に繰り広げられるに違いない、
急遽ライヴ配信中継すれば面白いのになって思いながら終了を待った。
b0133206_13022905.jpg
b0133206_13031978.jpg


結果、
751.000円で終了。

とどめの1000円に落札者の意地を見た。
僕の知る限りビートルズでも
国内盤シングル1枚の価格がこれほどまでになるのは
見たことがなかった。
タイミングもあるだろうが。
落札者と敗者の健闘を讃えながら、
自分が、もしこのレコードをどうしても欲しかったとしても、
途中でヒビってしまって無理だし、
どこかで覚めてしまうだろうなと思った。
(まず、そんな資金力もないが)
出品者は定形外郵便じゃなくて、
自分で直接配達してあげるべきだろう。

[PR]
by imag0020 | 2016-02-20 12:59 | レコード日記

邦題

音楽でも映画でも邦題が好き。
特にシングル盤に日本語でタイトル表記
してあるものが一番そそられる。
海外のディスクマーケットでも日本盤は
高く売られていることが多い。
今日は初心に返って7インチギャラリー


b0133206_504925.jpg

b0133206_521376.jpg

b0133206_523355.jpg

b0133206_533865.jpg

b0133206_54030.jpg

b0133206_554757.jpg

b0133206_563086.jpg

b0133206_57817.jpg

b0133206_583114.jpg

b0133206_592336.jpg

b0133206_595684.jpg

b0133206_510482.jpg

b0133206_5121927.jpg

b0133206_5141136.jpg

b0133206_5144847.jpg

b0133206_516229.jpg

b0133206_5181090.jpg

b0133206_5245060.jpg

b0133206_5262899.jpg

b0133206_527863.jpg

b0133206_5283621.jpg

今日はこれくらいで。
年代もジャンルもバラバラ…

[PR]
by imag0020 | 2013-10-24 04:57 | レコード日記

孤独

b0133206_7421890.jpg

ECDのロンリーガール
ECD feat. K - DUB SHINE
(FINAL JUNKY) Japan
2013


なんでロンリーガール
もうやんないの?
やるかボケカス
どうせ
ケーダブのバースだけだろ
聴きたいのは?

(ECD / NO LG より)

ECDがそうラップしたくなるのも
無理はない。
それくらい『ロンリーガール』での
K - Dub Shineのパートは際立っていた。
僕は90年代の日本語ラップは
片っ端から聴いていたけど、
正直キングギドラはあんまり…
って感じだった。
なのでECDがわざわざケーダブを
フィーチャーした意味がよく
解らなかった。
それがこの曲でのケーダブの
カッコ良さにヤラれてしまい
聴かず嫌いを改めさせられたのだ。

なぜ今頃この曲を7インチで
リリースしたのか
理由は知らないが、
これは買っておいて損はないだろう。
でももう買えないかも。
(煽るつもりはないけどホント何処にも無い)
僕は心優しいレコード屋さんの
おかげで無事ゲットできた。
やはりネットで探すより直接
お店に行かないとダメだ。
(あとオークションで買うのも絶対やめた方がいい。再プレスあるかもしれないし)







b0133206_7412247.jpg





















焼けてる肌 茶色い髪
カラーコンタクトで見つめる闇
夜の街
求める価値
女王蜂
理想の形
二十歳
前なのにもう大人
細え眉してひでぇ言葉

自らビジネスにするセックス
迷える子羊達XXX

ロレックスした男に指輪
買わしたはずが繋がれる首輪

携帯かける
サンダルシャネル
つま先のネイルに
塗るエナメル

フェンディ
ベルサーチ
D.K.N.Y
物欲と金の前に
へつらい

そして気軽に脚開く
それ喜ぶヤツ恥知らず

彼女達の孤独
もろく

幸福の条件
後ろの正面

きれいな足
形いい胸
派手な爪
少女の夢
消息不明

[PR]
by imag0020 | 2013-08-31 07:39 | レコード日記

江夏

b0133206_90022.jpg


先日の広島でのライヴ翌日、
とある中古レコード屋さんに連れていってもらった時の話。
その店は和モノの品揃えに定評があるのですが、
そこで入手した、
この江夏のシングル盤。
実は今月開催されるプロ野球ファンの集うトークイベント?
に出演するのですが、
広島ということもあり、
ふと、
そのイベントで使えそうなカープ関連、
もしくは野球選手のレコードが在庫にないか、
店主に相談していたんです。
そしたらその直後、
店に来た一般の買い取り客から、
偶然このレコードが店に入荷し、
僕が買うことになって…
っていう一連の流れが僅か10分ほどで起こったんですよ。
買い取り客が帰った後、
店主がこのシングルを
ひょいっとカウンターに放りながら、
僕にむかって
「江夏、入りましたよ」
って(笑)
あの瞬間のキメが同業者として嫉妬するほどカッコ良かった!
ハッキリ言って、直前の会話がなければ、
店主も絶対に買い取りしなかったであろう一枚だし、
僕が買う前提で買い取ってくれたんですよね。
こっちも何千円って言われても買わざるをえない、
退路を断たれた状況に追い込まれてしまったのですが、
そこはシャレの通じる店主、
数百円で売ってくれました。
売りに来たお客さんも、
まさか数分後に即決落札されてるとは想いもよらないでしょう。
この、事の顛末を上手く文章で描写できなくてもどかしいけど、
映画『スモーク』みたいに、
街のレコード屋を舞台にした映画を制作して再現してみたいエピソードでした。
こんなのネットでしか買い物しない人には起こらないでしょ。
[PR]
by imag0020 | 2012-09-04 08:59 | レコード日記

歌謡

先日、NHK BSプレミアムでオンエアされた
稀代のヒットメーカー 作曲家 筒美京平』特集が
僕らの周りで話題を集めている。
筒美京平といえば、日本の歌謡界、ポップス史上最も売り上げを記録している作曲家。
60年代後期のグループサウンズ時代から70年代のアイドル黎明期、80年代アイドル全盛期、
さらにCD時代を迎え、邦楽が多様化し始めた90年代、
そして音楽業界が不況になっていく2000年代に入っても多数のヒット曲を手がけ続けた
天才作曲家。

過去にトップ10入りしたシングルが200曲以上ナンバーワンヒットは39曲
作品の総売上枚数は実に7600万枚を超える。
これは、小室哲哉も桑田佳祐も及ばない作曲家歴代1位の記録だ。
あまりにも多作ゆえ実在しない人物ではないか?
複数のゴースト作曲家によるチームなのでは?
という説も絶えなかったそうだ。
これは京平先生自身がメディアに登場する機会が極端に少なく、
存在自体が都市伝説化していたことも理由に挙げられる。
そういった意味でも今回の番組が注目を集めたのだと思う。

ちょうど今月は和モノの7インチを整理していて、
カテゴリー、作家別に分類したりすることで、歌謡曲に新たな観点を見出していたところで、
『京平ソングブック』コーナーを設けようとシングルの歌詞カードにクレジットされている
作家の名前を一枚一枚確認していたところだった。
そしたら次から次へと出てくる出てくる、
当時普通に耳にしていたヒット曲にも京平作品が多数紛れ込んでいたり、
こんな歌手にも楽曲を提供していたのかっていう発見だらけだった。
データ(*)によると、京平先生が50曲以上の楽曲を提供した歌手は
野口五郎郷ひろみ太田裕美南沙織岩崎宏美の5人。

b0133206_12513716.jpg

中でも最多は郷ひろみの87曲で、シングルA面になった24曲の内、20曲がトップ10ヒット。
デビュー曲の『男の子女の子』から『よろしく哀愁』まで名作多数。


b0133206_12521829.jpg

70年代アイドルポップスの先駆者、南沙織はデビュー曲『17才』を始めシングル14作が京平作品。


b0133206_12525472.jpg

女性歌手では太田裕美の76曲が最多。やはり大ヒット曲『木綿のハンカチーフ』が白眉。

b0133206_1254733.jpg

この代表曲をはじめ浅丘めぐみも多数。

b0133206_12551891.jpg

山口百恵は京平作品のイメージがないが、この方は多数あり。


b0133206_12593167.jpg

京平先生にとって初の1位になった楽曲『ブルーライトヨコハマ』

b0133206_1301145.jpg

b0133206_1303428.jpg

b0133206_131677.jpg

超ベテラン女優、歌手の初期の姿も楽しめる7インチの醍醐味。

b0133206_1315697.jpg

京平先生自身も最も好きな曲に挙げるこの曲は京平作品売上No.1。レコード大賞受賞。
♪カラオケでサビの英語の歌詞適当に歌いがち


b0133206_132411.jpg

完璧に濃い目の「どや顔」のこの方はこれでレコ大受賞。

b0133206_1332065.jpg

デビュー曲から京平作品を歌っていた実力派 岩崎宏美。

b0133206_1335127.jpg

両面名曲。

b0133206_1342364.jpg

初期はGSモノも多数作曲。

b0133206_1345880.jpg

GSからの流れか、堺センセイや井上順の名曲も多数手がける。

b0133206_1352787.jpg

実は演歌歌手の作品はあまり手がけていない。いかにも演歌調の楽曲にはしないようだ。

b0133206_1355552.jpg

このルックス、現代でも売れそう。

b0133206_1363062.jpg

我々の世代のトップアイドルの一人、マッチはデビュー曲『スニーカーぶるーす』以降、
代表曲の多くが京平作品。
でも『ハイティーンブギ』は山下達郎。


b0133206_1371772.jpg

マッチに比べると少ないが、やはりこの方も何枚かのシングルが京平作。

b0133206_137538.jpg

これもそうだったのか...。

b0133206_1383589.jpg

ジャニーズではマッチとともに京平作品をデビュー時から多数歌っている少年隊。

b0133206_1391245.jpg

80年代アイドルの中でも特に作家に恵まれていた感があるキョンキョンも『夜明けのMEW』などの名曲が京平作品。
特に『真っ赤な女の子』はテクノ歌謡として評価が高い。


b0133206_1394746.jpg

ロック歌謡と称された桑名正博もデビュー作からほとんどのシングルが京平作品。
タイトル通りナンバーワンヒットになったコレが代表曲。


b0133206_13104559.jpg

洋楽で言えば a-ha みたいな、80sといえばコレ、みたいな曲。

b0133206_13111980.jpg

どや顔だが、こういうシティポップスの方って自作曲だと思ってた。

b0133206_13115369.jpg

80年代アイドルではやはり作家、楽曲に恵まれていた。

b0133206_13124555.jpg

コレ、[Pistol In My pocket]でしたっけ、井坂さん?こういう大胆な洋楽からの引用(パクリ?)も見られる。

b0133206_13132077.jpg

珍しい近田春夫とのコンビ作。名曲。

b0133206_1314161.jpg

ラテン・ディスコな名曲。中原理恵も京平作多数。

b0133206_13143279.jpg

庄野真代は和製ファンカラティーナ多数。

b0133206_1315157.jpg

日本国民誰もが知るこの曲も。

b0133206_13153016.jpg

藤子A先生作詞、京平先生作曲という夢のコラボ。個人的にも一番欲しいレコード。


番外編
b0133206_13164536.jpg

残念ながらCDしかリリースされていないが、やっぱり僕らにはこの曲。

しかし、先生の生涯稼いできた印税の額ってどんくらいだろう?
天文学的数字なのは間違いないところだ。


と、いう訳で長々とお送りしてきた筒美京平特集いかがだったでしょうか?
モチロンこんなのホンの一部ですが。
ほとんどの名曲がEARTHBEATで聴けるのでチェックされたし。
『千のヴァイナル』でも、いずれ裏京平特集やりますのでお楽しみに。
最近こんな感じで和モノばっかですが。

*参考資料『Hotwax presents 歌謡曲 名曲名盤ガイド 作曲家編 1959-1980』
*協力 : 円盤堂

文中一部敬称略

[PR]
by imag0020 | 2011-06-04 13:25 | レコード日記

真実

ちょっと前からブログに書こうと用意してたのですが、
いつの間にかイベント情報で紹介されてました。

b0133206_2321202.jpg

ストーンズ・イン・エグザイル~「メイン・ストリートのならず者」の真実
"STONES IN EXILE"

「1971年春、
 ローリング・ストーンズは税金亡命者としてフランスに居を構えるため、イギリスを離れた。
 キース・リチャーズはカンヌ近くのコートダジュールにあるネルコートという別荘に暮らし、
 そこでストーンズの名作「メイン・ストリートのならず者」の
 ほとんどの曲のレコーディングが行われた。
 ストーンズのメンバー自身の言葉と、
 イギリスを離れていた時期の膨大な未発表アーカイブ・フッテージを基に、
 最高傑作とも評されるこのダブル・アルバムについてのストーリーを明かしていく――。」

と、いう映画がいよいよ日本で公開され、松山でも今週末より短期上映される模様。
b0133206_23232773.jpg

ストーンズの名盤Exile on Main St.(1972)が
今年はリ・リマスター盤やらデラックス盤やらになって発売され、
雑誌などでも特集が組まれていたが、正直僕はリマスターとかに興味がない。
このアルバムがストーンズのベストかと言えばそんなこともないような気がする。
ただ、前作『スティッキー・フィンガーズ』とか、
この時期のストーンズが一番凄かったんじゃないかと
後追いの僕にも感じさせてくれる作品ではある。
b0133206_2324119.jpg

b0133206_232415100.jpg

b0133206_23243248.jpg

そして、ジャケットのアートワークのカッコよさも1、2を争うものではないかと思う。
ストーンズのドキュメンタリー映画といえば、これ以前にもゴダールが撮った
『ワン・プラス・ワン』(aka"悪魔を憐れむ歌")などもあったが非常に難解だった記憶がある。
収入の93%も税率がかかる英国に住んでるのがアホらしくて南仏に逃れて録音していた
ドラッグ漬けのストーンズ。
カッコイイのかカッコ悪いのか解らないけど、まだこんな映画が制作できるくらいの
未公開アーカイヴが存在するのも凄い。
何より当時『メインストリートのならず者』なんて邦題付けたセンスが1番だけど。
[PR]
by imag0020 | 2010-08-04 23:25 | レコード日記
line

DJ / 音楽評判家 / 80's洋楽王 / マットマートンファンクラブ / アイマグ編集長


by imag0020
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31