アイマグブログ― カマタヒロシ 

imag002.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

DJに『教科書』なんていらない

一昨日、ある音楽出版社を訪問し、編集者の方と面会した。
僕が企画した本の編集、出版について話をさせてもらったのだ。
本の企画、編集、出版と言っても、僕はこの分野に関して全くの素人だ。
本というモノが一体どれくらいの予算や準備期間を経て出版され、
書店に並び、読者の手に届くのか、見当もつかない。
そもそも、どういった条件を満たせば企画にゴーサインが出るのか。
普段から疑問に思っていた素人ならではの出版についての
あれやこれやを質問させてもらったりした。
話してる最中にも、いくつかの目次が浮かんだので提案すると、
一つ一つに対して丁寧な答えをいただいたりして、
プレゼン自体は概ね好感触だった(ような気がする)。
どんなジャンルでも物作りにかける情熱は同じなんだなと改めて実感。
出版界の内情なども含めて非常に興味深い話を聞かせてもらえて、
とても有意義な時間だった。
モチロン、僕のような者が突然企画を持ち込んだところで
いちいち相手にしている暇などない。
多忙な中、ここに至るまでの橋渡しをしてくれた友人にも感謝。
そして、夜はその本の主人公でもある男と会食。
改めて企画概要と経緯を説明したら喜んでくれた(ような気がする)。

現時点でこの件に関して正式に決定している事は何一つないので、
ここにその企画詳細を書くことはできないのだが、
先述した本が完成するまでの準備・制作日数を後から認識するためと、
著書を出版するという自分自身の夢の第一歩へのスタート地点についた
記念日としてここに記しておこうと思う。

b0133206_743041.jpg

最近出版されたこの本が面白い。業界のリアルな内幕について知ることができる。
マイメンのインタヴューも掲載されている。


翌日、レコ屋にて我々の世界の頂点に立つ先輩(以下、『番長』)氏に遭遇。
突然すぎて一瞬怯んだが、ご挨拶したら気さくにお茶に誘っていただき、
カフェ(not酒場)に入って真っ昼間から熱いお話を聞かせていただいた。
まさかの展開だったが、早くも本の取材をしているような気分だった。
番長氏は近所に住まいがあるらしく外見からは想像もつかないような
可愛いバイクで来られていたので僕が最も怖れていたアルコール攻撃を
回避することができた。
だが、メットを先のレコ屋の視聴コーナーに忘れてきたということで
喜んでパシってきた次第である。
僕から提案した『昼ジャズ』という企画にも乗っていただけたので、
是非実現したいと思う。
[PR]
by imag0020 | 2010-06-30 08:00 | My Favorite Things

ひふみよ

高松に行ってきました。
全てが素晴らしく、感動的な体験でした。
これを観てしまったら今後どうすればいいのか?
何をどう表現しても素晴らしいとしか他に言いようがない。
この20年間が全てひとつに繋がった瞬間だった。
本当に!

スチャダラパーもありがとう!まさか、まさかでした。
[PR]
by imag0020 | 2010-06-24 04:42 | My Favorite Things

月ホ

b0133206_21495035.jpg
b0133206_2150278.jpg

完全自己責任編集自作自演月刊紙with CD
『月刊ホッテストヒッツ』最新号! 

自分的には『デアゴスティーニ』を目指してるのですが、
あれって最後まで行かないで打ち切りになってるタイトルも
結構あるらしいって、さっき知りました。
「城」とか「零戦」とか「航空母艦」とか作ってる人はどうするんだろ?
[PR]
by imag0020 | 2010-06-15 21:57 | 大地の音紀行外伝

物語

b0133206_2040789.jpg

レコードよりどうも本ばかり紹介しているが、コレも必読

b0133206_2265644.jpg

"It's Yours" (1984) 全てはココから始まった

b0133206_20525088.jpg

"Sardines / The Word" (1986) キッズ・バンドによるGo-Go、最高

b0133206_20453468.jpg

b0133206_20454983.jpg

b0133206_2046621.jpg

b0133206_20464024.jpg

b0133206_20474974.jpg

b0133206_20483962.jpg






当時さんざんヤラれたリック・ルービンprod.作品だが、
20年経って今では全く異なるタイプのゴーゴル・ボルデーロを手がけていて、
そこにも反応している自分がいる。
[PR]
by imag0020 | 2010-06-07 21:06 | My Favorite Things

1にビート 2にベース 3、4がなくてあと余談

b0133206_19405544.jpg

デビュー20周年記念ライヴ東京・大阪会場1000部限定で販売された自主出版本
その昔、『無意味』、『妄想』、『蛇足』、『偶然』といったテーマでアルバムを発表してきた
SDPがここでは『余談』だけで1冊の本を作り上げた。
僕らの日常会話やメールのやり取りなんかでも「余談だけど...」って前置きして
語ることの中にこそ実は本当に言いたい事があったりする。
そういえば『よだん』を変換して『余談』が『予断』になっただけで、
同じ読み方なのに穏やかな雰囲気から一気に緊迫感ある言葉に変わるなって気づいた。
それこそ余談ではあるが。
[PR]
by imag0020 | 2010-06-05 21:27 | My Favorite Things
line

DJ / 音楽評判家 / 80's洋楽王 / マット・マートン・ファンクラブ / 野球カード蒐集家


by imag0020
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30