アイマグブログ― カマタヒロシ 

imag002.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

生誕

b0133206_21164682.jpg

ウチの李小龍7インチコレクション。

11/27は李小龍の生誕日だった。

b0133206_21144577.jpg

リー生誕70周年にあたる今年、95年に出版されたこの本が復刻された。
数あるリー関連書籍の中で最も鋭い視点で書かれた、
90年代のリー再評価に繋がった一冊だ。
いち映画スターとしてのリー、哲学者、武道家としてのリーに
スポットを当てた本は無数にあるが、
これはリーという存在が国境、人種、世代を超えていかに多方面に影響を与え、
現在まで継承されているかを見事に表現している必読書である。

必見は、『ドラゴン怒りの鉄拳』に悪役日本人武道家「鈴木」役として出演し、
日本人として唯一人リーと闘った名誉ある大役を果たしたにも関わらず、
ほとんどその存在が語られることのなかった俳優 橋本力のインタビュー。
この人の経歴自体が面白すぎで、
元々プロ野球大毎オリオンズ(現在の千葉ロッテの前身にあたる球団)の投手だったのだが、
ひょんなことから球団の親会社である映画配給会社に入り役者に転身し、
後に勝新のプロダクションに移籍、
大魔神の中身(?)を始め様々な役を演じ、座頭市、眠狂四郎、ガメラ、油すましと闘ったりしているのだ。
世界広しと言えど、リー、ガメラ両方と対決した人間なんて他にいないだろう。
しかも、リーに蹴られて吹っ飛んだ際のスタントをまだ無名だったジャッキー・チェンが務めている。
真に事実は小説より奇なり。

他にもリーの没後、次から次へと登場したソックリさんや偽物映画のリストとか、

井上三太×スケシン×クボタタケシによる雑談など記事の切り口も最高に面白い。
(ちなみに、クボタは『今夜はブギーバック』のPVで得意のヌンチャク捌きを披露している)

その他、グッズだけでなく実際にリーが使用していた免許証まで蒐集している、
やりすぎリーコレクターや愛好家、研究家が勢揃いして寄稿している。

リーに人生を変えられたとまでは言わないが、
日本で初めてリーの映画が公開され、社会現象になっていた当時
まだ小学生だった僕も当然のようにリーに夢中になった。
子供には振り回せないほど本格的なヌンチャクも持ってたし、
『怒りの鉄拳』の主題歌は何百回もレコードを聴きこみ、
デタラメな英語で歌詞を耳コピして歌っていた。
b0133206_21154395.jpg

↑コレ。本国盤はアグネスチャンが歌っていたという情報もある。
この本の中にやはり耳コピで歌詞が掲載されていて嬉しい。

日本でリー旋風が巻き起こった時、
実は既に故人となっていることを知り、
とてもショックを受けたが、
僕は近所の年上の兄ちゃんから死因を
「ブルースリーってカレーの食べ過ぎで死んだらしいで」
と、とんでもないデマを聞かされ、
「なんであんな強い人が死ぬほどカレーなんか食べたんだろう」
ともっと大きなショックを受けた。
結局リーの死因は当時からゴシップ混じりに諸説入り乱れているので、
カレー疑惑も拭い去れないままだ。
存命ならまだ70歳、なんと小学生の時のもう一人のヒーロー、
王貞治と同い年だったことが判明。うーん。

『燃えドラ』でリーが弟子に説いた、あまりにも有名な台詞
「考えるんじゃない、感じるんだ - Don't Think, Feel!」は、
音楽でもアートでも僕らの表現や日常のあれやこれや全てにおいて当てはまる、
とても大切な教えだ。

最後に一番好きな作品は、
当時も今も『ドラ道』だ。

b0133206_21181038.jpg

↑Beastie Boys責任編集の[GRAND ROYAL MAGAZINE]超レアな第1号
このリー特集から「リー繋がり」で第2号がリー・ペリー特集というニクイ企画。
90年代のリー人気にビースティも一役買った形となった。

b0133206_2118437.jpg

b0133206_21263948.jpg

↑モチロン[GREEN HORNET]も大好き。
アメリカで見付けた激レアLP。泣く泣く放出してしまった...。



b0133206_21194298.jpg

[PR]
by imag0020 | 2010-11-27 20:15 | My Favorite Things

幻想

コーネリアス 97年のアルバム[FANTASMA]のリマスター盤がリリースされた。
アルバムから3曲のみを収録したサンプル盤を聴いてみた。
あー、この"Star Fruits Surf Rider"
って2枚の12インチを同時にプレイしてくれっていうやつか、
そういえば持ってるな、この曲。
b0133206_21421555.jpg

またもPIL[album]ネタのプロモ盤

うーん、ところでこれはどの程度リマスターされた音なのか?
当時イアフォン付きの初回版CDも持ってたけど、未開封のままだったような。
聴き比べたいのに、そのCDがどこにしまってあるか不明で、
結局すぐ見つかるアナログ盤を出してきて久しぶりに全曲聴いてみることに。


b0133206_2146554.jpg

↑コレは国内盤ヴァイナルLP。当時海外でもリリースされて、実際アメリカのレコ屋でも売ってるのを見かけたことあります。
ピチカートや少年ナイフもよく見た。


b0133206_21473374.jpg

この4曲目、なんで"CLASH"なんだろ?
って思って歌詞見たら本当にクラッシュの事を歌ってた!
っていうのは当時も全く同じ箇所で引っかかったような。
全体的な音を聴いた印象はポップだけど、なんか詰め込んでるなーって感じ。
きっとこれも当時と同じ印象だと思う。
それはそれで凄いことだ。
当時は大好きだったけど、いま聴いたらなんか恥ずかしくて聴けない
っていうものでは全くなかった。
でも、どのくらい音が違うのかは未確認のままだ。

自分のラジオの記憶をたどると97年って
確か前年の『さんピンcamp』の余波や黒船ブッダの影響もあって
日本語ラップの盛り上がりが沸点に達してた一方で、
ソウルセットやスチャや小沢君たちは小休止というか、
活動はしていたけど目立った作品のリリースはなかったような。
この年にリリースされたアルバムと言えば、
フィッシュマンズ『宇宙 日本 世田谷』とか、
ECD『BIG YOUTH』あたりが印象深い。
あっ、SKYLARKINも97年からか。
90年代にいわゆる「渋谷系」と括られたアーティストが
次のステージに向かい始めた時期だったのかも。

[PR]
by imag0020 | 2010-11-26 22:08 | My Favorite Things

叛乱

b0133206_2063786.jpg

rockin'on12月号
THE CLASH『サンディニスタ!』の伝説を暴く!

なんて唐突な特集だ。
ロッキンオンなんて久しぶりに手に取った。
読んでたら、
「エッ、これ新刊だったんですか?
てっきり古い雑誌を引っ張り出して読んでるもんだと思ってました」
と言われたくらい。
モヒカン頭のジョーストラマーを見ただけで手に取らされたんだから、
作り手側の思惑にまんまと嵌ったような感じだ。
(ちなみに、ストラマーがモヒカンにするのは、サンディニスタの頃ではなく、
次のアルバムの頃である、と指摘しておきたい)
僕もこれ以上クラッシュの何を知りたいというのか。
同誌の先月号はビートルズの『赤盤』『青盤』特集だったようだが、
よほど今のロックシーンに語るべきネタが無いのかとも思った。
ただ、ビートルズの場合はリマスター盤リリースを受けての特集なので、
その必然性が理解できるが、今号のクラッシュに関しては特に理由が思い当たらない。
強いて言うなら、
このアルバム『サンディニスタ!』がリリースから30周年を迎えたことだろう。


b0133206_2071721.jpg


『サンディニスタ!』は、80年12月に本国イギリスでリリースされた
クラッシュにとって4枚目のアルバムだ。
前作『ロンドン・コーリング』がアメリカでもヒットし、国際的評価を得ている最中、
僅か1年のスパンでリリースされた、言わばバンドが最も音楽的探求心に
満ち溢れ、上昇気流の放物線を描いていた時期である。
『ロンドン・コーリング』は2枚組、『サンディニスタ!』は3枚組LPという
圧倒的なヴォリュームで、それをアルバム1枚分の価格で発売したいという
バンドの意志が強く出た作品だ。
当時『サンディニスタ!』は出来た曲を片っ端から収録したような散漫な内容と
一部で酷評された。
それが時を経て、いつの間にかレゲエ・ダブに意欲的に取り組んだ革新的な作品
という高評価に変わっているのが面白い。
確かにいま聴いても凄い内容だと思う。
ミキシング・コントローラーにマイキードレッドを迎えて、
ジャマイカ[Channel One]スタジオで録音された楽曲は、
ただレゲエに興味を持ったから採り入れてみました、なんてバンドとは一線を画す
レゲエ・マナーに沿ったヘヴィなものに仕上がっているし、
オープニングを飾る[The Magnificent Seven]は、
ニューヨークに胎動し始めたヒップホップ・カルチャーに影響を受けた
白人バンドからの最初期の回答例である。
(ヒップホップ・コミュニティからも高く評価されている)
それだけではない、ジャズもカリプソもモータウンもファンクもロカビリーも、
まるで彼らの音楽センスの見本市のような形で収められている。
ハッキリ言って、どうでもいいような駄曲も入っているし、
無理矢理詰め込んだような短い楽曲もあるが、
SEやジングルも含めてクラッシュがセレクトしたミックスCDだと
解釈して聴けば実に楽しめる作品だ。


英国CBSから発売された原盤の品番には、FSNL1と表記されていて、
これはタイトルが示すニカラグアのサンディニスタ民族解放戦線=FSLNからで、
赤いロゴと背景に黒を基調としたジャケットデザインは、
社会主義とアナキズムを表すFSLNの旗をイメージしている。
この辺りの細かすぎるこだわりが、サパティスタ民族解放軍(EZLN)らを支持する
現代のメスティソ系バンドからクラッシュが今もリスペクトされ続けている一端だと思う。
パンクバンドとしてスタートしながら、ポストパンクシーンへの橋渡し役も担った
クラッシュの歴史的名盤であることは間違いないだろう。

ただ、それでも僕はクラッシュのベストな一枚を挙げろと言われれば、
『ロンドン・コーリング』
と答えるが。


b0133206_2081629.jpg

ウチにある[Sandinista!]のジャケ裏。ミック・ジョーンズと当時のガールフレンド
エレン・フォーリーのサイン。このアルバムでも2人のデュエットが聴ける。


追 今週のラジオは『サンディニスタ』特集にしました。
  やはり実際に聴いてもらうのが1番。
[PR]
by imag0020 | 2010-11-06 20:13 | My Favorite Things

大阪

もう、今年は何回目か?ってくらい訪れてる大阪。
今回はいつもお世話になってる東心斎橋Club STOMP 10周年のアニヴァーサリー
しかも、レジェンド藤井 悟さんとご一緒させてもらいました。


b0133206_2029616.jpg

大阪で一番魚の美味しい店と評判の魚菜 酒肴『すざき』
ケンコバ『たまらない店』に掲載されたり、
『アメトーーク』の大阪ロケではサバンナが先輩芸人を全力で接待する際に
利用する店と紹介されたりで、隠れ家的なお店が人気店となったらしく、
しかもなぜか大阪の中心部なのに土曜日定休だったこともあり、
今まで行けなかった念願のお店。
もっといろいろ食べたかったけど、藤井悟先輩のサトルトーークが面白すぎて撃沈


b0133206_20301925.jpg

まぐろの眼肉の炙り 想わず唸った
b0133206_20311896.jpg

誰もが注文する評判のだし巻き玉子ケーキを超えたふわふわ感」ケンコバ談
b0133206_20332282.jpg

さらに、STOMP近所の東心斎橋で一日中行列の絶えない
シャンプーハットてつじプロデュースの
宮田麺児のT2G-M(つけ麺)
いやー、確かに美味しかった。

b0133206_20391562.jpg

アメ村『アディダスショップ心斎橋』で見つけたBikke



最後にClub STOMP 10周年おめでとうございます!
今回のパーティ、悟さんに完敗でした。
もう掛け値なしに凄すぎるプレイ、唯一無二の存在感。
最高に楽しかった。
いつもの大阪の顔ぶれにも心から感謝


今回こそブログっぽくないすか?
[PR]
by imag0020 | 2010-11-05 20:51 | My Favorite Things

新作

b0133206_21394165.jpg
b0133206_21395233.jpg

UJT先生がアートワークを担当されたコンピ2タイトルがP-VINEより明日発売らしいDEF



で、なんとなくネタ的に繋がるかと思って、送られてきたハロウィン画像を
b0133206_21492712.jpg

ネタ元詳細は知りませんが、この気合入ったコスプレ!
そう、コレはULTIMATE BREAKS & BEATS #13(だったと思う)のタココスプレ!

b0133206_21493649.jpg

ちなみにコレ("Handclapping Song" by The Meters 収録してる盤)

来年は誰かに挑戦してもらおう
[PR]
by imag0020 | 2010-11-01 21:57 | My Favorite Things
line

DJ / 音楽評判家 / 80's洋楽王 / マット・マートン・ファンクラブ / 野球カード蒐集家


by imag0020
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30