アイマグブログ― カマタヒロシ 

imag002.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

分別

b0133206_144692.jpg

松山市のゴミ分別は非常に細かく指定されている。
ウチに30年以上前からある錆びた金属缶があったので、
ミニチュア缶とともに、

ごみの便利帳で棄て方を調べてみることに。

b0133206_1446555.jpg

中を開けると、塩化ヴィニール製のレコード盤3枚、
それを保護するナイロン製の内袋、
ちゃんと丸くカッティングされた紙製の内袋、
さらに曲目らしきリストを表記した紙が同封されていた。

早速、レコードで検索すると、


種類: 可燃
品名: レコード
備考: 紙製ジャケット(ケース)は「紙類(雑がみ)」

エッ!レコード盤って可燃ゴミなのか。
知らなかった。ヴィニールなのに?
ちなみにCDも可燃ゴミなんだって!へぇー。
燃やしていいんすか?


うーん、しかしジャケットは紙製に限定されているようだ。
なんで、こんな変テコな缶で作ったのか?
棄てるのに手間かかってしょうがないぞ。
仕方ないので、全部バラして棄てよう。
表記されてるMETAL BOXで検索しても出てこないようなので、
缶の種類で調べると、これが該当しそう。


種類: 金物・ガラス
品名: 菓子の缶(金属製)

b0133206_14484242.jpg

モチロン、内袋も紙類とプラスチック類に分別。
ラベルもキチンと接がして棄てないとね。

b0133206_1449721.jpg


て、ことはこれ1つ処分するのに何日もかかってしまうのか。
やっぱり面倒だなー。






でも、なんか気になったので、
棄てる前に1回だけ聴いてみたのですが、
妙にベースが強調されてるし、
ヴォーカルも含めてキンキンしたサウンドだし、
中身も変テコな音楽で僕には理解不能でした。
もったいないので、あと30年くらい聴いてみます。



続きは『千のヴァイナル』にて。
[PR]
by imag0020 | 2011-08-26 14:52 | AlbumCoverArtGallery

原点

僕のブラックミュージックへの興味や関心のほとんどは英国を経由して受信した。
レア・グルーヴならノーマン・ジェイ、ソウルⅡソウル、
スカ、ロックステディ~カリブ海の音楽はギャズ・メイオール、
そして、レゲエとパンクロックの懸け橋となったドン・レッツ。
彼らが原点である。


b0133206_14423483.jpg

ノーマン・ジェイのサウンド・システム"GOOD TIMES"が30周年を迎え、
コンピレーションCDがリリースされた。
下記サイトにてノーマンの偉大な足跡を編集した約14分間のショートフィルムが公開されている。

http://gu.com/p/3x5qy
Good Times: a short film about the life and career of DJ Norman Jay -
videoCarnival or no carnival, DJ Norman Jay is celebrating 30 years of his Good Times soundsystem ?
so celebrate with this film.




そして、僕の知人・友人たちが立ち上げたウェブサイトMoholy Nazyには、
ドン・レッツのインタヴューが掲載されているのでご覧あれ。
ドンはDJであり、映像作家であり、様々なカルチャーをクラッシュさせた張本人。
ジャマイカから英国に移住してきたドレッドロックス。
サウンドシステムをやっていた父親の影響を受け、DJになり、
現在はドンの息子もダブステップをプレイするDJとして活動しており、
親子3代でDJになった。
ドンが伝説のクラブROXYでDJを始め、
そこに集まっていたクラッシュやジョニー・ロットン、アリアップらが
爆音で鳴り響くルーツ・レゲエ、ダブの魅力に惹かれ、
彼らの表現に反映していったことは
既にあちこちでドン自身が語ってきた通りだ。
ドンの存在は、P.I.L.やスリッツ、その後のポストロックやブリストル勢の
誕生にも大きく影響しているように思う。
b0133206_1450534.jpg

左がドン、右がボブ、まるで兄弟のよう。

僕らのアンセムである、Bob Marley "Punky Reggae Party" の秘話なども非常に興味深い。

b0133206_14535466.jpg

クラッシュのPVはほとんどがドンの作品であり、
パンクロック黎明期を記録した映像作品"Punk Rock Movie"も必見。
クラッシュ解散後はミック・ジョーンズに同行し、
BIG AUDIO DYNAMITE(B.A.D.)に参加していたのだが、
今年はそのB.A.D.とともにFUJI ROCKにやってきた。
このサイトの編集者もB.A.D.来日に帯同していたそうで、
とても羨ましい話を僕にしてくれた。
もっと来日裏話をアップしてくれたらなと心待ちにしている。
チェックされたし。


b0133206_1455321.jpg

"Our Favourite Shop"の原型。Acme Attractions店内。ドンと後にPILに参加するパートナーのジャネット・リー。

b0133206_14553029.jpg

ドンの姿がジャケットに使用されたクラッシュのミニ・アルバム"Black Market CLash"




それにしても、自分もドンレッツの話なんて何回も書いてるな。
[PR]
by imag0020 | 2011-08-17 15:02 | My Favorite Things

飯尾

b0133206_1412116.jpg

2011/08/27/SAT/9pm

NICE TIME
5th Anniversary
@ JEANDORE

8/27は、新居浜ジャンドールにてプレイします。
なぜか、南国系生音を嗜好する若者達が新居浜には多くて、
5~6年ほど前からよくウチ周辺のライヴやパーティに来てくれています。
そんな彼らが、地元新居浜でも音楽を根付かせ、シーンを活性化させようと
"NICE TIME"なるオールジャンルパーティをスタートさせて早5年。
なんと21回目の開催だそう。
コレはなかなかスゴイことですよ。
当たり前のようにクラブが街にあって、当たり前のように音楽人口が確立している
都市部でオーガナイズするのとは訳が違う。
フライヤのデザインから、ブッキング、DJのタイムテーブル、集客に至るまで、
自分たちがあちこちで見て学んで、そこに自己流の解釈を加えて
徐々に作り上げてきたもの。
仲間内での役割分担もできているし。
自分たちにも言えることですが、こんな組み合わせのパーティあったら
楽しいだろうなと頭で描くことはあっても、フライヤをデザインしたり、配布したり、
ブッキングしたりするのは一人ではやれない、
実際に動いてくれるスタッフや友人、出演者、
そして何よりお客さんが来てくれないことにはただの机上の空論にすぎません。
ま、都市部も地方も関係なく、もはや「当たり前」なんて何処にもないのかもしれませんが。
だから尚更ナイスタイムのやってることはスゴイことなんじゃないかなと思ってます。
(僕も20年前はこういったワンオフクラブでやるしかなかったですしね)

そういえば、まだCDをリリースする以前のEKDも同行してナイスタイムでプレイしたことがありますが、
それが既に5年前ということになりますね。
(いまやEKDはフジロックに出てるんですから時の流れを感じずにはいられませんが)
あと、1周年の時は土屋浩美さんも出ましたね。
僕がインストかけて"SOMEDAY"と、"Make Your Mind Up, Little Girl"を歌ったり。
いろいろ名場面もあります。

今回、僕も久しぶりの新居浜ですが、とにかく会場がデカイらしい!
是非、各地から集まってもらえたらと思います。楽しいから。オモロいから。

[PR]
by imag0020 | 2011-08-09 14:56 | インフォメーション

狐眼

「どくいり きけん たべたら しぬで」


先日、NHK総合テレビで放送された
NHKスペシャル 未解決事件「file.01 グリコ・森永事件」』
を見逃してしまった。

以前から僕はグリコ森永事件に強い関心を持っている。
数ある昭和事件簿の中で最も興味深い事件。

1984年3月18日
自宅で入浴中の江崎グリコ社長を裸のまま拉致、誘拐、監禁するという荒っぽく衝撃的なオープニング、
身代金として現金10億円と金塊100キロという冗談みたいな要求、
ある年齢以上の方なら必ず記憶にあるだろう、
かい人21面相 と名乗る犯人グループによる、
公安を馬鹿にしたような癖のある関西弁を用いた語り口調と、
ひらがな中心で書いた独特な声明文(挑戦状)や脅迫状が
新聞社やテレビを通して連日のように公開され、
後に似顔絵から「キツネ目の男(以下、F)と呼ばれる、
b0133206_12453232.jpg

コンビニの防犯カメラに映った野球帽をかぶった男の映像など、
一連のやり取りをまるで
連続ドラマを見ているように国民が注目したことから、
「劇場型犯罪」と呼ばれた関西大手食品会社連続脅迫事件。
ある日を境にして、スーパーやコンビニのお菓子売り場から、
グリコ製品が撤去されていったあの頃のことをリアルに記憶している。
b0133206_12444957.jpg

F

余談だが、僕の通っていた高校にも、Fにそっくりな教師がいて、
いつか巨人のキャップを被らせてみたいと、密かにマークしていたこともある。
Fに酷似していることで(それだけではないが)公安から最重要参考人Mとしてマークされ、
それを逆手に取って表社会でも知られるようになった宮崎学氏みたいな人物もいるので、
似ている人なんてそれこそ全国にいたことだろうが。

あと、僕自身が一連の事件の舞台でもあった大阪府高槻市の飲料メーカーに(一瞬)就職したこともあって、
研修期間にいろんな話を見聞きしたことも興味を増幅させた要因だと思う。
85年は、阪神タイガース21年ぶりの優勝や、日本航空123便墜落事故(*)など、
関西を中心とした世間のざわつきが凄かったように記憶している。
(*ちなみに、墜落した日航機には当時の阪神球団社長やグリ森事件の被害企業であるハウス食品の社長が搭乗しており、
この辺りを関連付けて都市伝説的に語る人もいる)


2000年2月に全ての事件が時効となり、
事件の背景や、犯人グループの正体に関しては諸説入り乱れているが、
結局真相は闇の中だ。

関連書籍も多数出版されているので、
興味を持った方には、この本をお薦めしておく。
b0133206_12465238.jpg


世界一優秀と言われる日本の警察が初動捜査でミスを重ね、
目前に現れた容疑者をあっさり取り逃したりと、
完全に犯人グループに翻弄され、彼らのシナリオ通りに進んでいったことや、
青酸ソーダを混入した菓子をばら蒔いたり、グリコ本社への放火、
アベック襲撃事件などを実行に移したにも関わらず、
1人の犠牲死者も出していないこと(*)
(*ハウス食品事件で不審車両を取り逃がした滋賀県警本部長が自身の退職の日に本部長公舎の庭で焼身自殺している)
また、先にも書いたように、事件が未解決のため、
元グリコ社員による江崎家への怨恨説、企業が裏取引に応じていた説、
警察内部犯行関与説、株価操作が目的だった説、
闇の組織関与説など、推測や都市伝説めいた謎解きが多数存在し、持論を展開するマニアも多い。

2000年の時効直前になって、なぜか2ちゃんねる上に犯人グループに近い人物と名乗る者が書き込みを始め、
真意はともかくマニアの間でちょっとした盛り上がりを見せたこともある。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Desert/2264/griko.html

いまだにこのような番組が制作されることが、まだまだ多くの人々の関心を失っていない証拠だろう。
そして、まだどこかで生きているかもしれない犯人達が、この番組を観たのかも気になる。
いつか真相が解明される日が来るのだろうか?
[PR]
by imag0020 | 2011-08-05 12:53 | My Favorite Things

白熱

b0133206_1442740.jpg

こちらも20周年を迎えたオリジナルラブのNewアルバム『白熱』に収録されている
カミングスーン
feat. スチャダラパーが大変素晴らしい楽曲に仕上がっている。
スチャダラパーのアルバム
3000には同曲のHIP HOP MIXが収録されていて、
こちらもホントにカッコイイ出来。
久しぶりに『ブギーバック』級の名曲だと思う。
こういう時代だけど是非とも両方を収録したシングルをリリースするべき。
アナログ12"もカットしましょうよ。
完全にあの時代を歌った曲なんだし。

[PR]
by imag0020 | 2011-08-03 14:42

涅槃

b0133206_14165238.jpg

"Nevermind"リリース20周年なんだそうですよ
ってことは当然この赤ん坊も20歳になるはずなんですよ


b0133206_14174849.jpg

で、立派な兄ちゃんになってますよっていうね、まぁ小ネタですけどね。
なんか、ショップの人が書くブログみたいでしょ。


b0133206_14203975.jpg

この兄ちゃんグラフィックデザイナー志望らしく、
なんとOBEYにいるらしいんですよ。
ほらね、こういうネタ好きなんでしょ。


b0133206_14231117.jpg

OBEYって、あのアンドレのマークのアレですよ。
オバマのポスターとか話題になったやつ。


b0133206_14243470.jpg

こんなポスターとかね。
おっ、バッドブレインズ!なんてね、こういう感じがすきなんでしょ?
こういうパンクとか散りばめたブログがね、それっぽい感じで。えー。

誰に言ってんねんっていう

[PR]
by imag0020 | 2011-08-03 14:30
line

DJ / 音楽評判家 / 80's洋楽王 / マットマートンファンクラブ / アイマグ編集長


by imag0020
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31