アイマグブログ― カマタヒロシ 

imag002.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

称号

『千のヴァイナル』
@ JOEU-FM (02:00~)
第148回
『バックバンド スカタライツ』

今夜は
結成50周年を迎え、
2月にBlue Note Tokyoでの
ライヴが決定した
The Skatalitesがバッキングで演奏した
数々のシンガーの音源を聴いてみる。

主なヴァイナル出演者(予定)
Jackie Opel, Delroy Wilson,
Maytals, Wailers, Tonettes,
Clive & Naomi, Andy & Joey
etc.
b0133206_1157277.jpg


伝説の89年の初来日以来、
もう何度目の来日になるのだろう?
結成50周年と書いてあったので
同じく2月にやってくるストーンズと
同期くらいか?または少し後輩か。
いずれにしても凄いことだ。

60年代初頭、スカタライツは
ジャマイカ音楽シーンの重要レーベル、
スタワン(STUDIO ONE)の
数々のシンガーのバッキングを務める
レーベル専属バンドとして機能していた。
(一説には僅か数年で600曲以上もレコーディングしたとか)
ジャマイカのサウンドシステム
(要は野外クラブパーティ)は
激しい競争(抗争と言って良い)
を繰り広げており、
そこでプレイされるレコードこそが
ライバルサウンドとの勝敗の
行方を決する重要なツールであり、
流行の最先端メディアだったのだ。
そのサウンドシステムで
ジャズ、R&Bなど
アメリカの流行歌を輸入していた
スタワンのボス、コクスンは
オリジナル音楽を創造し、
自社レーベルで演奏、録音し
レコード制作を開始させた。
それが優れたスタジオミュージシャンの
集合体スカタライツである。
当初はライヴ演奏する必要などなかったのだ。
まさかこうやって50年後にツアーを
やっているなんてことは当時 誰も想像していなかっただろう。

ジャマイカ音楽の歴史の中で
『スカ』の流行は短命であり
才能あるメンバーそれぞれが
ソロやリーダーバンドを率いて
更なる創造性を発揮した活動に
移行していくことになるので
スカタライツの初期は僅か数年で
その役目を終えている。
80年代以降の再結成を含めて
非常に流動的ではあるが
以下の顔ぶれがスカタライツの
メンバーと考えられている。

Bass:
Lloyd Brevett
Lloyd Spence

Drums:
Lloyd Knibbs
Arkland 'Drumbago' Parks

Alto Saxophone:
Lester Sterling
Karl 'Cannonball' Bryan

Baritone Saxophone:
Karl 'Cannonball' Bryan

Tenor & Baritone Saxophone:
Dennis 'Ska' Campbell

Trumpet:
Oswald 'Baba' Brooks
Reverend Billy Cooke
Percival Dillon
Bobby Ellis
Raymond Harper
David Madden
Johnny 'Dizzy' Moore

Trombone:
Don Drummond
Emmanuel 'Rico' Rodriguez
Ron Wilson

Organ & Harmonica:
Charles 'Charlie Organaire' Cameron

Piano:
Gladstone 'Gladdy' Anderson
Jackie Mittoo

Guitar:
Jerome 'Jah Jerry' Hines
Harold McKenzie
Nerlyn 'Lyn' Taitt
Ernest Ranglin

Vocals:
Doreen Schaffer
Tony Da Costa
Dobby Dobson
Tony Gregory
Jackie Opel
Lord Tanamo

スカ~ロックステディ~レゲエ~
ルーツ~ダンスホールと進化していく
ジャマイカ音楽の発展に貢献した
伝説的なメンバーの多くが世を去り
当然だが存命の方も高齢者ばかりだ。
若いメンバー中心のツアーになる。
来日メンバーを見ても
レスタースターリング(Sax)と
ドリーンシェファー(Vo)
しか解らないが
スカタライツの名前を継承し
真にオーセンティックなスカの
魅力を世界中に伝えていくことは
往年のロックバンドの再結成とは
また異なる意味合いがあるのではないか
と思っている。
『オーセンティック』の称号は
スカタライツだけに与えられたものだから。
[PR]
by imag0020 | 2014-01-25 11:58

暗躍

昨年末NHK総合で放送された

ハロー・グッバイの日々
~音楽プロデューサー佐久間正英の挑戦~


がとても面白かった。

佐久間さんは僕が小学生の頃
最初に好きになったグループ
プラスチックスのメンバーだった人。
プラスチックスは日本の
ニューウェーヴバンドで、
70年代終わりから80年代初頭に起きた
テクノポップ・ムーヴメントを形成した
バンドの一つだった。
ギャグやコントをやっても、
どこかインテリっぽさが見えるYMOよりも
スタイリッシュでパンクで
演奏もチープなプラスチックスが
僕の趣味には合っていた。
b0133206_7582293.jpg

この画像を見ても解る通り
プラスチックスはフロントの
3人がバンドのヴィジュアル
含むイメージを担っていて
サングラスをした後ろの2人
佐久間さんと島武実さんは
縁の下の力持ち的な立ち位置で
地味なファッションの人って
印象でしかなかった。
アマチュア集団であった
プラスチックスの中では
プログレバンド四人囃子の
メンバーだった佐久間さんは
唯一「ちゃんとした」
ミュージシャンだった訳で
実は非常に重要な存在だった
なんてことは子供には理解できなくて
後々知ることになる。

佐久間さんはプラスチックス後、
プロデューサーとして、
誰もが知るあのバンドや
このバンドを手掛けており、
僕はそのほとんどを聴いていないが
(せいぜいブルーハーツくらいか)
最も佐久間氏プロデュースの
バンドが売れていたであろう90年代に
僕が出演していたラジオ番組でも
毎日必ずリクエストが届く、
無意識の内に耳に入ってくるような
超人気バンドばかり。
こういったメジャーな音楽シーンの裏で
佐久間さんのような人が暗躍
していたことに興味を持っていた。
番組では今までよく知らなかった
佐久間さんの人物像も垣間見れたし。
闘病と音楽を両立する姿はとても
痛々しいものだったが、
ご自身の遺作になるであろう作品を
録音するシーンは感動的でもあった。

と、
確かクリスマス頃に番組を観た感想として
この文章を書いたのだが、
まさかこんなに早く訃報を聞くとは…。
きっと再放送があると思うので、
是非見ておくべき。
[PR]
by imag0020 | 2014-01-21 07:55 | My Favorite Things

成人

千のヴァイナル
@ JOEU-FM (02:00~)
第147回
X-Rated Reggae "Adults Only"
b0133206_2025191.jpg

今夜は『成人向けレゲエ』の世界。
60年代後期から70年代初頭の
初期レゲエの時代にやたらと
英国スキンズ達にウケまくった
(いわゆる)スキンヘッドレゲエには、
とんでもない下ネタを唄った楽曲が多数存在していた。
特に[PAMA]というレーベルには
下ネタレゲエが集中していて
b0133206_2026213.jpg

Max Romeo [Wet Dream] (68年)など
爆発的なブームを生んだヒット曲も多い。
本国ジャマイカでも放送禁止に
なったものも少なくなかったが
とにかく英国スキンズには支持された。
何せ英国シングルチャートで
ビートルズ[Get Back]が1位、
マックスロメオ[Wet Dream]が
2位だった週もあったほど。
モチロン一聴しただけでは
歌詞が理解できない僕らにとっては、
ただのロックステディ名曲だったりするのだが、
歌の意味を知った途端、
「アホやコイツ」
「コイツ何言うてんねん」
って突っ込むしかない曲ばかり。
これらの曲を
「どうせ解らないんだから大丈夫でしょ?」
と知らん顔してオンエアする企画。


主なヴァイナル出演者
Max Romeo, Prince Buster, Phillis Dillon,
Soul Sisters, Dermott Lynch etc.
[PR]
by imag0020 | 2014-01-18 20:26

一致

b0133206_11571145.jpg

b0133206_11585266.jpg

"The Kids Are Alright" by The Who

小ネタ

このドラマのスポット
やたら流れてるので画が頭に残ってた。
そしたら、これフーが元ネタだって
誰かが発見したみたい。
あー、ホントだ!
こんなの喜んでるのはロック親父だけなんだろうな。
確かに主題歌をフーにしても
カッコいいと思う。
[PR]
by imag0020 | 2014-01-12 11:56 | My Favorite Things

大滝(大瀧)

b0133206_14331875.jpg

b0133206_14333868.jpg

b0133206_1433834.jpg

b0133206_14325830.jpg

b0133206_14331684.jpg

この徹底したヴィジュアルイメージのおかげで
僕らは大滝詠一というアーティストの
ルックスもほとんど意識することもなかった。


b0133206_14371362.jpg

b0133206_14374589.jpg

b0133206_14374717.jpg

b0133206_14384116.jpg

b0133206_14391836.jpg

b0133206_1440646.jpg

b0133206_14401365.jpg

b0133206_14404072.jpg

b0133206_14411321.jpg

b0133206_14424168.jpg

昨年末に突如届いた訃報。
大瀧詠一急逝
本当に驚いた。
日本版FAB 4とも言うべき
伝説のはっぴいえんどのメンバーであり、
プロデューサーとして
数々のCMソングを手掛け、
ソロアーティストとしても、
アルバム『A Long Vacation』(1981)
佐野元春、杉真理との
『ナイアガラ・トライアングル vol.2』(1982)
でジャパニーズ・シティポップの頂点を極めた。
J-POP、歌謡曲の分野でも当時の
トップアイドルやアーティストに
多数の作品を提供しヒットチャートに
送り込んでいる。
中には、コレ大瀧の曲だったのか!?
なんて有名曲も多い。
そのほとんどが80年代初頭に集結しており
90年代以降、
その活動は急激に減速していったが
大瀧の提唱したナイアガラサウンドは
世代を超えて評価され続けてきたのだ。

僕は
『ロンバケ』『ナイアガラトライアングル』の頃の
大瀧詠一全盛とも言える時期に
音楽を知った世代なので、
友達の誰かしらがこれらの
レコードを持っていて、
勝手に耳に入ってきたものだ。
個人的に大瀧に影響を受けたか
ファンだったかと言われたら
何とも言えない部分はある。
なぜなら中学生だった僕にとっては
パンク、ロカビリー、ニューウェーヴなど
好きになる音楽にはヴィジュアル面も
重要な要素であり、
山下達郎等も含めたシティポップ勢
(当時で言うニューミュージック系)には
いくら曲が良くても感情移入が出来なかった。
例えばRCサクセションが好きでも
フォーク時代の再発を知ったら
同じ清志郎なのにルックスが
どうしても嫌だったし、
はっぴいえんどのジャケを見た時も
古くさいを通り越して怖いという印象すらあって、
とても自分が好んで聴く音楽だとは思えなかった。
それらは90年代に『渋谷系』などと括られた
僕らと同世代のアーティストやDJによって
再評価され僕らも恩恵を受けることになる。
歌謡曲にしても良さに気付いたのは
ここ十年くらいのことだ。
当時いかに大瀧、松本隆、細野晴臣の
はっぴいえんど組が歌謡界をも
席巻していたか思い知った。

良い音楽家は自身がリスナーとしても
優れたセンスの持ち主である
というのは大瀧や細野らが
最初に示した価値観だと思う。
一度も聴くことは出来なかったが
70年代に大瀧が選曲していた
ラジオプログラム『ゴー!ゴー!ナイアガラ』の
完全プレイリストを最近入手して
自分がラジオでやりたかったことは
既にここに集約されていたことも解った。
それほど影響を受けていない
と言いながら長文になったが
これほど偉大な音楽家の死去にしては
なぜかメディアの扱いも小さいように
感じたのだがいかがなものか?
時期的なものか。
b0133206_14433143.jpg

このタイトルが"Happy End"を意味してるとは気づかなかった。
[PR]
by imag0020 | 2014-01-05 14:31 | My Favorite Things
line

DJ / 音楽評判家 / 80's洋楽王 / マットマートンファンクラブ / アイマグ編集長


by imag0020
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31