アイマグブログ― カマタヒロシ 

imag002.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

合同

現在、松山で行われている
毎年恒例の東京ヤクルトスワローズ川端慎吾、
山田哲人、中村悠平選手らによる合同自主トレ。
今季からヤクルトでプレイする済美高校出身の鵜久森淳志選手や、読売の寺内崇幸選手らに混じってウチ(阪神)の北條史也内野手も初参加している。
球団の垣根を越えて選手が一緒に汗を流す姿は最早珍しくなくなってきたが、
それにしても一見繋がりの見えにくいメンバーも揃っていて興味深い。
毎年暇を見つけては(しつこく)通っているが、
今年のギャラリーの数はスゴい!
ファンのために室内練習場のエントランスを開放して見学できるようにしてくれているのだが、
今年は入りきれないくらいの人数になっていた。
大袈裟ではなく例年の10倍は来ている。
マスコミも各社揃い踏みだ。
なにしろ川端、山田、中村はセリーグ優勝チームの主力、
そしてプレミア12日本代表選抜選手だ。
しかも川端は首位打者獲得、
山田は日本プロ野球初のホームラン王、盗塁王同時獲得に流行語大賞選出のトリプルスリー達成、堂々のリーグMVPである。
(あまり触れられていないが100打点も記録している)
まだキャリア5年(一軍実績4年)、
この男どこまで上昇する気か?
完全に昨年の顔、時の人がいるのだから、
そりゃファンも押し寄せる。
ハッキリ言って昨年までは練習が終われば
サインなんて貰い放題だった。
だが、今年のこのファンの数はそれを期待できるような状況ではないように見えた。
b0133206_05393735.jpg
しかし、そんな心配は無用。
川端も山田もその場のファン全てに対応していた。
ざっと一時間近くはサインしていただろうか?
どう考えても練習で疲れてるだうろに、
群がるファンに片っ端からサインしていた。
それどころか中には車に乗り込む際にも追っかけてくる
ファンの写真撮影にまで応じていてなかなか帰らせてもらえない。
これを連日続けている。
正直驚いた。
阪神や巨人や広島のスター選手がここまでやるとは思えないのだが(笑)
これはヤクルトならではの伝統か?
とにかくファンにとっては行く価値のある自主トレだ。
b0133206_05410946.jpg
b0133206_05425266.jpg
b0133206_05445534.jpg
b0133206_05461039.jpg
b0133206_05473208.jpg

[PR]
by imag0020 | 2016-01-15 05:34 | 野球カード

精進

今からちょうど5年前
2011年1月のブログより

『レコード番長 須永辰緒 先輩から
「粗品です」
と届けられた郵便物。
開封してみると、
b0133206_21080602.jpg

御礼!47都道府県制覇
DJとして国内47全都道府県を制覇した記念に
関係者に贈呈されたタオルだった。
そこには、
辰緒さんよりも一足早く
全県制覇達成したという
ファンタスティックプラスティックマシーンこと
FPM田中知之さんの名前も。
お二人で[47CLUB]なる会を結成(?)したそうで、
これは野球で言えば『名球会』に匹敵する名誉ではないかと思う。
一口に全県制覇と言っても、
人気バンドの全国ツアーとは訳が違う。
何十回と訪れた街もあれば、
一度行ったきりという街もあるだろう。
基本的に地方都市に行くのは
パーティの開催される週末中心になるし、
一年間で廻れる本数は限られているのだ。
いくらこっちが行きたいと思っても
当然オファーが無ければ成立しない。
やはり、しっかりと地元でシーンを形成しているクラブやDJ、
オーガナイザーの存在が不可欠である。
そういった意味でも長年に渡って
各都市の関係者と良好な関係を築き上げ、
その街の音楽好きの期待に応え、
多くのDJ達に影響を与え、
夜を徹して痛飲しながら
継続してこられた氏の偉業を祝すと同時に
改めて敬意を表したいと思う。』

と、これは辰緒さんについて書いたものだが、
今回のゲストはもう一人の名球会DJであるFPM田中知之さん。
田中さんとは、もう10年以上前にご一緒させてもらったが、
それ以降は意外と同じイベントに出ることもなく、
確か福岡サンセットライヴの際に他のステージに出演されていたがお会いすることもなく、という感じだった。
個人的に今年はカッコつけてDJ休止宣言でもしてやろうと
思っていたので特に何も予定を入れてなかったのですが、
折角お誘いいただいたので、
長年シーンの前線で活躍されている田中さんを見習って精進したいと思います。
b0133206_21100484.jpeg
HELLA 新年会
FPM20th [Moments] Release Party
in MATSUYAMA


2016/01/29/FRI/21:00

@ bar caezar
愛媛県松山市三番町2-8-2 3F
089-932-7644

前売 2500円(with 1drink)
当日 3000円(with 1drink)

Special Guest DJ
田中知之 (FPM)

Guest DJ Kamata Hiroshi

DJ KemuRi takaccho ODAMY tanaka shiomi cherry kuromitsu yudai tetsuoman


[PR]
by imag0020 | 2016-01-13 21:06 | インフォメーション

哀悼

「我々は夢の中で生きている」
b0133206_16555820.jpg


ツインピーカーの一人として
FBI捜査官フィリップ・ジェフリーズに
心から哀悼の意を表します。




Fire Walk With Me!


[PR]
by imag0020 | 2016-01-11 16:54 | My Favorite Things

復習

b0133206_02554948.jpg
マッシヴアタックの前身であるワイルドバンチとともに、
英国ブリストルのシーンを形成した
超重要ユニット[スミス&マイティ / モア・ロッカーズ]から
ロブ・スミスが高知へやって来るらしい。
2003年にブリストルのフォトグラファーBeezerが、
80年代後期のブリストルシーンをドキュメンタリー的にまとめた
写真集[Wild Dayz]
b0133206_02583143.jpg

http://www.zoot-ss.net/store/books/wilddayz/
(↑その本について書いた当時のテキスト)
をリリースした際の出版記念パーティでBeezerとともに来日した
ロブのプレイを体験したが、
その重低音に圧倒されたのを記憶している。
当時は僕もブリストル系や英国経由のニュールーツ~ダブなどの
暗くて重くて冷たくてキンキンしてるレゲエに夢中だったし、
[Select Cuts]など魅力的なレーベルからマストな新譜がバンバン出ていたので、ここぞとばかりにクラブでプレイしていた。
[Wild Paarty Sounds]なんてステッパー&ダブ専門のパーティまで始めたりしたけど、
まー、ビックリするくらい松山ではウケなかった(笑)
でも、自分的には2000年以降では最も攻めに徹したDJをやってたと思うし、
選曲のスタイルとしても我ながらかなり仕上がっていたなと思っている。

以前ここでも紹介した
Daddy G [DJ Kicks] CDとともに同シリーズからリリースされた
スミス&マイティのミックスCDも一時期の自分にとって必需品だったし、
他のスミス&マイティ関連音源も積極的に店に入荷させていた。
彼らのレーベル[Three Stripe Records]や、
More Rockersの12インチなんか豊富に揃っていた。
以下は当時を思い出してフェイヴァリット10を挙げてみた
b0133206_03012514.jpg
①Brain Scan / Smith & Mighty
②Conquering Lion (Rebel Sound) Smith & Mighty Remix
/ Yabby You
③Wishing On A Star
/ Fresh 4
④Accept All Contrasts
/ Smith & Mighty
⑤Walk On / Smith & Mighty
⑥Anyone feat. Jackie Jackson
/ Smith & Mighty
⑦Down In Rwanda
/ Smith & Mighty feat. Andy Scholes
⑧Jim Schreechy Smith & Mighty Remix
/ Big Youth
⑨Any Love
/ Massive Attack feat. Daddy Gee and Carlton
⑩B Line Blow / Smith & Mighty feat. Niji

なんと言ってもレベルミュージックスペシャリスト[ZERO]が運営するレーベルから2003年に発掘されジャマイカプレスの7インチが
オフィシャルブートのような形でリリースされた①だろう。
こんなカッコいいサウンド他では聴けないし、これが他ならぬ東京のレーベルからリリースされたという事実も含めて必聴だ。
セレクトカッツのコンピで聴けるヤビーユーのリミックス②を初めて聴いた時の衝撃は忘れられない。
b0133206_03030603.jpg
③はジャケも含めて日本人ウケしていたメロウクラシック。
U2 "Sunday Bloody Sunday" のドラムを大胆に使用した④、
ワイルドバンチとスミス&マイティという両巨頭が共同プロデュースした⑨など、どれも想い出深い曲ばかり。
ある意味マッシヴアタックよりもクラブでプレイした曲が多いような気もする。

正直言って最近のロブスミスがどんな選曲なのかは全く知らない。
やはりダブステップだろうが、
その確認も含めて現場に行きたい。
四国に来るなんて本当に凄いことだし、
10年前の自分なら出演したかったはずだ。

[PR]
by imag0020 | 2016-01-07 03:12 | My Favorite Things

前健

b0133206_10350573.jpg
ドジャースとの契約が報じられたマエケン。
サインが以前と変わっているのはメジャーを意識してのことか。
でも自分でマエケンなんて書くのか。
アメリカでもマエケンって書くのかな。
一般のファンに対しては平気でスルーするくせに、
こんな店には
美味しいよ~」なんて
書いて帰ってるけどな、
マジで全っ然美味しくなかったぞ。


[PR]
by imag0020 | 2016-01-03 10:32 | 野球評判家

謹賀

b0133206_07571723.jpeg
20枚限定シリアルナンバー入りニューイヤーカード

今年もよろしくお願いいたします

[PR]
by imag0020 | 2016-01-01 07:56 | My Favorite Things
line

DJ / 音楽評判家 / 80's洋楽王 / マットマートンファンクラブ / アイマグ編集長


by imag0020
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31