アイマグブログ― カマタヒロシ 

imag002.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

林檎

りんご音楽祭四国初上陸記念
アフターパーティー&LEF!!! CREW!!!
FIRST LIVE TOUR in EHIME
b0133206_02363013.jpeg
今週土曜日、久しぶりにさんが松山にやってくる!


[PR]
by imag0020 | 2016-03-15 02:35 | インフォメーション

憧球

b0133206_06312910.jpg
例えそれが贔屓の球団であっても、
そのチームの二軍監督を誰がやってるか
なんて知らない人も多いだろう。
今季の阪神は掛布雅之二軍監督の動向が
連日のように紙面を賑わし、
金本知憲新監督率いる一軍にも
ひけを取らないほど注目を集めている。
b0133206_06322016.jpg

掛布さんはサイン入り名刺を配付したり、
自ら広告塔となり、ファーム人気獲得に一役買っている。
掛布さんのサイン自体は以前と同じだが、
なんと言っても背番号31を書き加えるようになったのが嬉しい。
1988年、
33歳の若さで現役を引退してから、
萩原誠、広澤克実、濱中おさむ、林威助と
4人の選手が31番を背負ったが、
誰もその期待に応える活躍をしたとは言い難い。
28年もの長い年月を経て、
ついにグラウンドに還ってきた
ミスタータイガースの元へ、
背番号31が返還されたのだ。
我々ファンだけでなく、
おそらくは本人も2度とこのユニフォームに
袖を通すことになると思っていなかったのではないか?
掛布さんは一軍ではなく二軍の指導者という立場になった。
そもそも自身がテスト生同然の立場でプロ入りした選手。
身体も小さく球団から全く期待されていなかったが、
努力を重ね、前ミスタータイガース田淵幸一の抜けた
阪神の4番打者になった。
左打者に不利と言われる強力な浜風の吹く甲子園球場で、
左方向に流して放り込む技術を磨き、
ホームラン王を3回獲得した。
掛布以降、阪神でホームラン王を獲った日本人選手はいない。
だからこそ泥にまみれて練習するファームに掛布イズムを注入してほしい。
僕も今年は甲子園ではなく、
鳴尾浜(二軍球場)に行くつもりだ。
なにしろ僕は子供の頃に掛布になりたいと思っていた。
「掛布みたいな野球選手になりたい」
ではなく、
「掛布そのものになりたい」
と思っていたほどだった。
b0133206_06340694.jpg
掛布さんが昔からサインに書き添える
憧球
とは、僕にとって掛布雅之そのものなのだ。
ただ、これが何と読むのかいまだに解らない。
是非とも御本人に訊ねてみたいものだ。




(文中敬称略)

[PR]
by imag0020 | 2016-03-06 06:27 | 野球カード
line

DJ / 音楽評判家 / 80's洋楽王 / マットマートンファンクラブ / アイマグ編集長


by imag0020
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31