アイマグブログ― カマタヒロシ 

imag002.exblog.jp ブログトップ

終曲

何気なく置いてあるフライヤに目を奪われた。

phew 松山初LIVE!

b0133206_14144810.jpg

思わず二度見した。

エーーッ、マジで⁉︎

しかも、RICO SWEETSでライヴ?


僕は若い頃、日本のロックに対するちょっとしたコンプレックスを抱えていた。

小学生の時にプラスチックスを好きになり、

その後もシナロケ、モッズ、ルースターズ、RC、坂本龍一、

あとブラックキャッツとか。

いろいろ幅広く聴いてたつもりだったけど、

よく考えたら全部メジャーなレーベルからリリースされていたそれなりに知られたバンドばかり。

ちょっとロック好きなら当たり前のように聴いてたバンドだ。

海外のバンドに興味が移行して日本のバンドをどこか軽視するようになっていった部分も否めないけど、

b0133206_14153831.jpg

例えば、INU『メシ喰うな!』とか。

フリクションやリザードなどいわゆる東京ロッカーズ系も

周りに聴いてる奴もいなかったので当時は全く聴いてない。

高校生になると友達もメタル一色だったし

もう少し後になって出てくるインディーズ系とかも含めて、

もっと全然知らないバンドの聴いてないレコードが山ほどあることに気づいて後追いで片っ端から聴いていった。

b0133206_14161369.jpg

その中でやっと聴けたのがアーント・サリー。

正直、しまった!と思った。

こんなん聴かずに十代を過ごしてたんかと。

まー、最初のプレスは500枚限定だったそうなので、

そりゃ持ってる友達もいなかっただろう。

1979年リリースって言ったらスリッツの1stアルバム『CUT』と同じ年。X-RAYスペックスもその頃だし。

モチロン角度は異なるけど日本にもあったんだなと実感できるはず。

b0133206_14164167.jpg

翌年のphew名義になってからの

坂本龍一との『終曲(フィナーレ)』、

そして亡くなったばかりのホルガーシューカイ含むCAN

バックバンドに制作されたアルバム『phew』も、

その翌年リリースだ。

b0133206_14171382.jpg

ちょっと独特の世界観ではあるけど、

今なら入手困難とか関係なく聴く手段あるし、

興味がある人はちょっと覗いてみては。

いやー、まさかあそこでphewのライヴなんて、

ホント何があるか解らないもんだ。



[PR]
# by imag0020 | 2017-09-11 14:19 | My Favorite Things

早大

b0133206_12080079.jpg

阪神 鳥谷敬内野手がNPB史上50人目となる通算2000本安打を達成。

阪神の生え抜き野手としては1984年に達成した藤田平以来2人目という快挙だ。

初代ミスタータイガースと呼ばれた藤村富美男を始め、吉田義男、田淵幸一、掛布雅之、岡田彰布、和田豊、今岡誠、

歴代の生え抜き強打者の誰も到達していない記録だ。

左打ち、そしてショートということを考えれば藤田と共通しているが鳥谷は大卒。

特に打撃タイトルを獲得した訳でもなく、

打率3割を記録したのも3回しかない。

ひたすら試合に出場し続けコンスタントに

ヒットを積み重ねた結果の大偉業である。

喜怒哀楽をあまり面に出さないタイプゆえ

こちらも感情移入しにくい選手ではあるが、

チームリーダーとして黙々と試合に出場し続けコンスタントにヒットを積み重ねた結果。

昨年はショートの座を降ろされ、もう限界説が出てたけど、

今年は見事な復活劇だった。

顔面デッドボールで鼻を骨折してもフェイスガード着用で出場してきたのも凄かった。

b0133206_12090474.jpg

あの星野政権下で18年ぶりのリーグ優勝に沸きに沸いた

2003年の阪神ファンにトドメを刺したのが東京六大学野球で三冠王のスーパースター早大・鳥谷の自由枠獲得だった。

当然、巨人、横浜、西武など関東の球団も鳥谷を狙っていたが、東京出身で東京の大学でプレイする鳥谷が、

なぜ阪神を選んだのかいまだに謎だ。

一説には長くプレイするために天然芝の甲子園を希望したということだが、

そんな高い意識でプロに入ってくる選手だったことに驚かされる。

同じく六大学のトップ選手として早大から阪神に鳴り物入りで入団した大先輩の岡田が監督に就任したタイミングで鳥谷が入ったことも縁があったのだろう。

お陰で岡田監督はルーキー時から鳥谷をショートで起用することに対して大学の後輩だから贔屓してると言われ憤慨していた。

「阪神のショートは向こう10年鳥谷で大丈夫」

岡田監督の眼は確かだったし、

それに結果で応えた鳥谷もやはり只者ではなかった。

まだ阪神に金本や桧山、今岡、新井ら野手のベテランがいたので鳥谷も伸び伸びとプレイできたのが良かったのかもしれない。

同じ早大からヤクルトに入った(しかもドラフト4位)青木宣親が先に大ブレイクしたのを見て、

なんであいつを獲らなかったのか?って思ってた時もある。

鳥谷って何番を打たせるのがベストなのか最も頭を悩ませるバッターって評価だったが、

まさか2000本安打なんて想像しなかったな。

僕はショートに憧れているので草野球ではいつも鳥谷ユニフォームだった。

b0133206_12102124.jpg

あとの願いは将来監督になったら鳥谷と同い年のマートンをバッティングコーチで呼んでほしい。

あと、もっとファンにサインしろってことぐらいかな。

b0133206_12105338.jpg

これは知人を通じて貰ったサインボール。やはりカードにサイン欲しい。



文中敬称略


[PR]
# by imag0020 | 2017-09-09 12:05 | 野球評判家

虚構

b0133206_04354546.jpg

b0133206_04354617.jpg

b0133206_04351142.jpg
"the owls are not what they seem"

[PR]
# by imag0020 | 2017-09-08 04:34 | My Favorite Things

舟海

b0133206_15383269.png
Jah Wobble.Jaki Liebezeit, Holger Czukay
/ How Much Are They?
c/w Persian Love
(TRIO / 45rpm / 7" / JPN / )

僕がホルガーシューカイの名を知ったのはスネークマンショー
死ぬのは嫌だ、恐い。戦争反対!』(1981年)
b0133206_15394306.png
に収録されていた『ペルシアン・ラヴ』という曲でした。

当時、日本ではサントリーウィスキー角瓶のCMに起用されていた。

いま想えばギャグやコントを目当てにスネークマンを聴いていただけの子供がリップ・リグ&パニックやホルガー・シューカイらの前衛的な音楽を無意識に刷り込まれていたのは恐ろしいことだが、とにかく最初は奇妙な曲だなと思いながら、ホルガーシューカイという名前を知った。

そして、史上最高にカッコいい曲
ニューヨーク伝説のクラブLOFTクラシック、
ジャーウォブル(P.I.L)、CANのドラマー、ジャッキーリーベツァイとの
How much are they?
b0133206_15421446.png

ジャケを見ても分かる通り、これもHONDAのスクーターのCMに使用されていた。

F1サーキットの現場に原チャリ2台という異様なロケーションがヤバイ。

b0133206_15423528.png

https://youtu.be/NlPl3WExyMs


このペルシアンラヴとのカップリング7インチは日本独自企画のもので、

両曲ともCMに使われていたことになるが、

当時のHONDAと広告代理店は他にもピックバッグやヘアカット100を使ってたし、攻めていた。

サントリーもウルトラヴォックスを使ってたし、

ポストパンク~ニューウェーヴのアーティストの楽曲がお茶の間に普通に流れていた時代。

この曲をかけてるDJは結構いるけど大体12インチだと思う。

そういう人にブースでこの日本盤シングルを見せると、

「初めて見た!」って写真撮って帰るし。

ホルガーシューカイの訃報を知り、

一番好きなこの曲を紹介させてもらいました。 


[PR]
# by imag0020 | 2017-09-06 15:36 | My Favorite Things

寛解

『阪神・横田慎太郎外野手(22)が

3日、「脳腫瘍」で闘病していたことを球団が発表した。


鳴尾浜の独身寮・虎風荘内で取材対応した横田は、

「本当に最初はびっくりして。ここから先、野球を続けていけるか不安でした」

と偽らざる本音を明かした。

現在は寛解しており、復帰へ向けたリハビリを始めている。

今春の沖縄・宜野座1軍キャンプ中に頭痛を訴え、2月11日に緊急帰阪した。

精密検査を受け、診断された病名は「脳腫瘍」だった。

「すごい厳しい治療もあったんですけど、皆様の支えがあったからこそ、ここまでこられました。病院の先生方、看護師の方々、球団・チームの方々、そして手紙や本、千羽鶴を贈ってくださったファンの皆様の支え、励ましがあったからこそ、ここまで頑張れました」。

入院後、復活した自身の姿を夢見ながら懸命に病と闘った。半年以上戦列を離れたが、2日に帰寮し、室内での軽度のトレーニングから完全復活への道を歩み始めた。

「これからの野球人生が、同じ病気を持つ人たちに『夢』、『感動』を与えられるようなものにできるよう、頑張っていきたいと思います」と、一歩ずつ復帰への準備を進める。

横田は、鹿児島実業高から2013年ドラフト会議で2巡目指名を受けて入団。

2016年には中日との開幕戦(京セラドーム大阪)で「2番・中堅」として先発起用され1軍デビューした。

父親は元ロッテなどで外野手として活躍した横田真之氏。』

(スポーツ紙より)


b0133206_04021261.png

阪神から超有望な1人の選手の消息が途絶えていた。

いや、存在自体が完全に消えていた。

かつて桧山進次郎が阪神一筋22年間背負っていた

背番号24を受け継いだ選手だ。

記事にある通り、2月の沖縄宜野座キャンプの最中に、

度重なる(原因不明の)頭痛を訴え緊急帰阪したと報じられ、

そのまま何の報道も無いまま今シーズンが開幕し、

横田の名前をメディアで見かけることは無くなった。

病院で何らかの検査を受けたとか、

もう二軍で練習再開しているとか、

何でもいいから知りたいのに、

良いニュースも悪いニュースも一切なし。

沖縄から帰った後、

気味悪いほどに横田の件は触れられなくなった。

かなり重要機密だと思われるような球団内の事案が

あっさりとマスコミに漏れるのが良くも悪くも

阪神という人気球団の特徴だ。

しかし、横田に関する情報は無し。

ファンからの目撃情報も無い。

まるで、もう最初っから横田なんて選手は存在しなかったかのように。

当然のようにネットの掲示板はファンの憶測による様々な噂で膨れ上がっていた。

「横田は我々ファンが創り上げた幻想だったのでは」

なんてことを書き込んでいる人もいたほどだ。


実は僕自身も幻想を抱くほど横田という選手に入れ込んでいた。

僕が最も敬愛し、ファンクラブまで作った選手

マットマートンが退団し、帰国してからは、

阪神というチームに以前ほどの想い入れが無くなっていた。

しかし、子供の頃からのヒーローであった掛布さんが

阪神のユニフォームを着て二軍監督としてチームに帰って来たことで、

僕は若手中心のファーム(二軍)に注目するようになった。

甲子園ではなくファームの本拠地である鳴尾浜球場に敬意を払い、

好きなチームは阪神ではなく『鳴尾浜タイガース』と呼ぶようになり。

b0133206_04080265.png

その鳴尾浜でダイヤの原石の如く、いや、

まるでダイヤそのものの輝きを放っていたのが横田慎太郎だった。

昨年、掛布さんが二軍監督に就任した際に

出演したテレビ番組で横田について触れ、

「糸井嘉男(当時オリックス)や柳田悠岐(ソフトバンク)のような走攻守三拍子揃った選手になれるほど身体能力の高い選手」

だと絶賛していた。

そして、金本知憲新監督は『超変革』をスローガンに掲げ

若手を積極起用することを明言し、

その先鋒となったのが、大型ルーキー高山俊と横田という

若手外野手の1・2番コンビだった。

このスピード感溢れる1・2番は新しい阪神を印象付けるには充分すぎるフレッシュな魅力があった。

実際、金本阪神は開幕ダッシュに成功したが、

経験の浅い若手中心のチームは徐々に失速していく。

横田は二軍降格し、夏場以降は一軍に戻ってこなかった。

結局、昨年の横田の一軍成績は38試合出場、

20安打、0本塁打、4盗塁に終わった。

しかし、この経験は来季(2017年)絶対に活きると思った。

なにしろ横田は今年22歳になったばかり。

2017年こそ大ブレイクの年になると信じて疑わなかった。

それが、まさかこんなことになるとは。

まずは、やっと事の真相が明らかになり、

横田がまだ現役生活を続けられることにホッとした。

多くのファンがシーズン終了後に球団から

何らかの発表があるだろうと予測していたし、

それは悪い方の予測でしかなかった。

確かに脳腫瘍という衝撃的な悪い報せではあったが、

既に寛解(全治とまでは言えないが、病状が治まっておだやかであること)し、

来年2月のキャンプに間に合わせる事を目標に

リハビリを開始したという、

嬉しい知らせも付いてきた。

良かった。

このまま横田が消えていたら本当に幻想だったと思うしかなかった。

これから始まる横田の新しい闘いを精一杯応援したい。

b0133206_04085465.png
入団時のサインまで所有している。



b0133206_04105271.png
横田の父親も80年代にロッテで活躍していた。

[PR]
# by imag0020 | 2017-09-04 03:59 | 野球評判家
line

DJ / 音楽評判家 / 80's洋楽王 / マットマートンファンクラブ / アイマグ編集長


by imag0020
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31