アイマグブログ― カマタヒロシ 

imag002.exblog.jp ブログトップ

阪急

b0133206_06080491.jpg
阪急ブレーブスを率いてリーグ優勝5度、
日本一3度という輝かしい経歴を持つ監督
上田利治氏が1日に死去。
享年80歳。
監督通算1322勝は歴代7位
2003年には野球殿堂入りを果たしている名将だ。

僕の幼少期のプロ野球界は、
パリーグ6球団の内の半分
阪急ブレーブス
近鉄バファローズ
南海ホークス

が同じ関西エリアに本拠地を置いていた。
セリーグの阪神タイガースも含めると、
4球団のオーナー全てが在阪私鉄会社だった。
他にも僕が生まれる以前にあった、
国鉄スワローズ(現 東京ヤクルト)、
東急電鉄の東急フライヤーズ(現 北海道日本ハム)、
西日本鉄道の西鉄ライオンズ
(これは後に西武鉄道グループによる西武ライオンズになる)
と、鉄道会社所有球団が圧倒的に多かったのだ。

現在のパリーグのように各チーム普通に人気があって、
球場にお客さんが満員でって
光景に慣れてる世代には、
信じられないような閑古鳥の鳴く球場ばかりだった。
やはり、人気面ではセリーグに所属する阪神が圧倒的で、
他の3球団が束になっても敵わなかったのだ。
僕は、その4球団全て好きだったのだが、
小学生の頃、初めて観戦したのは、
大阪球場での南海対近鉄だった。
まだ野村克也さんが南海の監督兼4番キャッチャーの頃。
なんば駅の裏という大阪のど真ん中に球場があっても
本当にお客さんが少なかった。
ガラの悪いヤジもウケ狙いのヤジも全部選手に届くほど。
現代なら地方の独立リーグでも、
当時のパリーグよりもお客さん入って盛り上がっていると思う。
とは言え、近鉄には野球ファンに語り継がれるドラマティックなシーンが何度もあったし、
南海なんて水島新司先生の
『あぶさん』のお陰で、
実際の選手の顔より作品で描かれた顔を記憶していた。
(選手だけじゃなくて裏方スタッフのことまで詳しくなったり)
b0133206_06113243.jpg
↑水島先生の描く南海選手たち

各チームのカラフルなユニフォームも好きだったし、
それぞれのエース投手も魅力的だった。
少なくとも西武ライオンズの黄金期が訪れるまでは、
関西3球団がパリーグの主役だったように思う。
中でも阪急は特に強かった。
上田監督就任2年目の1975年は、
球団創設26年目にして悲願の初優勝で熱狂的な赤ヘルブームを巻き起こした広島東洋カープを相手に日本シリーズを制し、
翌1976年は、長嶋茂雄監督初の優勝で勢いに乗る巨人を相手に4勝3敗、
翌年再び巨人とのシリーズでも4勝1敗と寄せ付けず、
3年連続日本一を達成した。
僕が野球に興味を持った頃、
セリーグの覇者は阪急には通用しなかったのだ。
僕は父親や親戚のおじさんに
よく球場に連れて行ってもらっていたのだが、
なぜか阪神甲子園球場よりも
同じ西宮市にある阪急西宮球場に行くことが多かった。
b0133206_06133969.jpg
阪急のチームカラーであるオレンジを基調とした美しいスタジアム。
シカゴのリグレーフィールドを模して設計されたらしい。
僕の敬愛する江夏 豊投手が
1971年のオールスターゲームでパ・リーグの錚錚たる強打者を
9人連続三振に斬った、
まるで漫画のような伝説的なシーンもこの球場での出来事だ。
ちなみに僕が最後に同球場を訪れたのは仕事で行った
Bon Joviのライヴ(笑)で、
調べてみると1995年5月16日、
その年に起こった阪神大震災の復興支援ライヴだった。
小雨の降る中でのライヴだったが、
球場に着いた瞬間から子供の頃の記憶が甦り、
懐かしさでボンジョヴィとは無関係に感動していたのを思い出す。
阪急がオリックスに身売りし
西宮球場も使われなくなり、
翌96年には同球場で最後のプロ野球公式戦が開催されたそうなので、
あれが僕にとっては西宮球場に行けた本当に最後のチャンスだったようだ。
話は逸れたが、西宮球場では
阪急の開幕戦をよく観た。
毎年、開幕のマウンドには必ず大エース山田久志が立っていた。
何しろ山田は1975年から1986年まで、
プロ野球記録の12年連続開幕投手を務めている。
そのため、僕が何度か観戦した開幕戦も正確な年が特定できないのだが、1976,77年頃だったのではないだろうか。
福本豊、加藤秀司、マルカーノ、ウィリアムス、蓑田浩二、
山口高志など好きな選手だらけの阪急の中でも
山田投手は僕の中で別格だった。
球場で買ってもらったサイン入りブロマイドはずっと大事に飾っていた。
b0133206_06172065.jpg
↑これは比較的最近貰ったサイン

そういえば実家には上田監督をはじめ、
前述の主力選手の寄せ書きサインが入った色紙がずっと飾ってあったのだが、あれはどうなったのだろう?
b0133206_06182221.jpg
↑ネットで検索したら全く同じものが出てきた。
1976年頃らしい。上田監督のサインが中央下。

b0133206_06192672.jpg
↑阪急ブレーブスのマークって
レゲエのTROJANレーベルのマークに似てる。


時を経て親会社は阪急阪神ホールディングスとなり、
オリックスブルーウェーブも近鉄バファローズと合併し、
南海はダイエーに買収され九州に移転、現在はソフトバンクとなった。
阪神だけがその冠を残していることになる。
b0133206_06203987.jpg
近年『KANSAI CLASSIC』と題して、
オリックスとソフトバンクが前身である阪急・近鉄・南海の
ユニフォームを着用して試合する企画などもあり、
オールドファンから当時を知らない世代まで好評となっているようだ。
b0133206_06234245.jpg
上田監督の訃報に接し改めて昭和のプロ野球に想いを馳せた。
b0133206_06320748.jpg
個人的に音楽同様、野球も80年代ブームが再燃している。
野球評論家金村義明氏(近鉄他)の著書が面白かった。

b0133206_06243786.jpg
今井雄太郎投手

b0133206_06275272.jpg
蓑田浩二選手

b0133206_06462041.jpg
山沖之彦投手

[PR]
# by imag0020 | 2017-07-08 06:06 | 野球評判家

集合

ミクロマクロ
カマタクボタ
スウィンギン森ラッピン
あのメンツが6年ぶりにあの集合地(シーザー)へ!

b0133206_17534855.jpeg
Bar Caezar 10th Anniversary Party Final

"HOTTEST NEO CLASSICS"

2017.07.22 (Sat) @Bar Caezar

Open/Last 21:00/03:00

Ticket Adv. 3000yen without 1Drink Order (Door+500yen)

DJ

Nori (Bar Caezar)

カマタヒロシ

クボタタケシ

With Special Guest

SHINCO (スチャダラパー)

森 雅樹 (EGO-WRAPPIN')

http://imag.jp/hottestneoclassics/
b0133206_17522711.jpg
ミクロボーイとマクロガール
スチャダラパーとEGO-WRAPPIN'
絶賛発売中!

[PR]
# by imag0020 | 2017-06-24 17:51 | インフォメーション

形容

b0133206_08281672.jpg
Okawa & The Rulers
/ 白い花 (Mussieu A Tet'a Poisson La)
c/w Smiling
(Down Beat Ruler ー DBRV003 / 45rpm / 7" / JPN / 2017)

第3第シングル

このバンドの凄いところは
スカだのカリプソだのジャズだのと
その「音」を他者に簡単に形容させないところだと思う。
(少なくとも僕には芯を喰った表現ができなかった)
これほどこだわってカッコいい音楽をやっていても、
まだどこか粗削りで未完成で
このあとにとんでもない展開が待っているような
全く底の見えない得体の知れなさ。
前回の『お城の中で』とか、
もはや何のカバーだとかもどうでもいい、
彼らのフィルターを通ったオリジナルとして認識している。
もしかしたら、その音を具現化するための「バンド」なんていう
パーマネントな形態にすら重きを置いていないのかも。
て言うか、もうジャケだけで買う価値ある。
ジャーゲのソロでもこんなん無かったし(笑)

#vinyl #45rpm #7inch #japan
#ジャーゲジョージ #TheRulers
#DonDrummond

[PR]
# by imag0020 | 2017-06-23 08:27 | レコード日記

夢逢

アスキー再登場!
ギターに、Ari (Reggaelation IndependAnce)
とのアコースティックデュオセット。
EKDも出ます。
b0133206_15104739.jpeg


[PR]
# by imag0020 | 2017-06-20 15:09 | インフォメーション

改名

今週土曜日はこちら!
ツイン・トークボックス・デュオ
LUVRAW & BTBのLUVRAWが改名し、
新たに鶴岡龍とマグネティックスとして
昨年末フルアルバムをリリース、
満を持してのシーザー再登場!
b0133206_11520159.jpeg
Bar Caezar 10th Anniversary Party vol.6
FootStep Record Presents
"Treasure Chest #2"

2017.06.17 (Sat) @Bar Caezar
Open/Last 22:00/3:00
Ticket Adv 2500yen w.2Drink

Guest Live
鶴岡龍 (LUVRAW)

Dj's
Kamata Hiroshi
Kondo , Nishimura Kazuki ,
Edo Hideo (カモナマイハウス)
Nori (ROCK TRIBE)

鶴岡龍 (LUVRAW)

HP ; http://imagecluv.com/
Sound Cloud 2016.12 リリース luvrawサンプル音源 ; https://soundcloud.com/image-cluv/luvraw-album-digest


[Profile]
電子音で歌う鼻歌と溜め息は夜に響いて波に合う。
メロウな手口のシンセ歌手(トークボクサー)
横浜生まれのムードにこだわる音楽作家。
生きる快楽レイドバック研究家。DJ。
-IMAGECLUV- 主催。
b0133206_11532112.jpeg

[PR]
# by imag0020 | 2017-06-15 11:50 | インフォメーション
line

DJ / 音楽評判家 / 80's洋楽王 / マット・マートン・ファンクラブ / 野球カード蒐集家


by imag0020
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31