アイマグブログ― カマタヒロシ 

imag002.exblog.jp ブログトップ

回顧

大先輩である林浩彦(ひろひこ)さんの
突然の訃報に接し大変驚いています。
愛媛在住で、ある年令以上の方なら
林さんのラジオを一度は耳にしたことがあるのでは。
僕は自分自身がラジオに出るようになるずっと以前、
10代の頃から林さんと面識がありました。
当時、松山のロック好きが通った、
知る人ぞ知る存在のカルトなロック喫茶。
薄暗い雑居ビルの階段を上がると、
b0133206_11333838.jpg
鉄の扉に『クリムゾンキングの宮殿』の、
あの印象的なアルバムカバーアートが
そのままデカデカと描かれていた。
そこに友達と恐る恐るドアを開け入ってみた。
その後いろんな店に行ったが
あの時ほど勇気がいったことはなかったかもしれない。
その店内にいたロック好きの大人の中の一人が林さんでした。
怖そうな店に入ったら優しい人がいた。
それが林さんの最初の印象。
僕ら高校生の子供が出入りするのが珍しかったのか、
マスターと林さんにはとても可愛がってもらい、
店内にたくさんあったレコードの中から
まだ聴いたことのなかったロックの名盤を聴かせてくれました。
僕の友人達はストーンズのカバーなどをやるバンド組み、
気に入られたのか、いつの間にか林さんもメンバーになっていて、その店でライヴをやったり。
あと、僕が新譜のレコードを買って来て、
なぜか林さんと店内で試聴してみるなんてこともよくあって、
b0133206_11343500.jpg
例えばブライアンセッツアーのソロアルバムと、
b0133206_11350405.jpg
ペットショップボーイズのデビューアルバム
なんてデタラメなセットで買い物をしてきても、
ちゃんと聴いてから批評してくれましたね。
元ネタを教えてくれたりとか。
そんなロックの先生と出来の悪い生徒みたいな関係だったのに、
それから7~8年後には一緒にラジオ番組に出ることになるのだから人生は解らないもの。
僕らが出ていたFM愛媛夕方帯の生放送に林さんが加わることになり、それから2年くらい?は毎週共演させていただきました。
確か1995年だったかローリングストーンズの2度目の来日を記念して林さんとストーンズ特番をやったこともあります。
b0133206_11363051.jpg
林さんは、1972年にTレックスの日本公演を
(多分)武道館まで観に行き、公演終了後に
翌年開催されるストーンズ待望の初来日公演の
チケットを手に入れるために
渋谷東急百貨店に徹夜で並んだんだそう。
結局、外務省の判断でストーンズの入国許可が下りず、
幻の初来日となるのですが、
その喧騒や落胆を実際に体験された林さんの話は
とても興味深いもので、番組に厚みを持たせてくださいました。
いま想えば共演と言っても、
僕なんかは当時まだキャリア2~3年ほどの若手で、
林さんのベテランらしい何とも言えない
穏やかで聴き取りやすい口調の前では素人同然でした。
僕が生放送の番組を降板してからは
局でお会いする機会も減っていき、
次第に街でお見かけしても会釈程度で済ませるようになり、
疎遠になっていきました。
とても残念でなりません。
闘病生活に苦しまれたと思います、
安らかにお眠りください。
ありがとうございました。

[PR]
# by imag0020 | 2017-02-28 11:32 | My Favorite Things

裏方

Z16 WBRツアー in 松山
無事終了しました。
平日なのに集まってくれた
お客さんには心から感謝です。
当日も書いたけど俊美さんが
サロンキティのステージに立ったのは、
ちょうどZOOT16を始めた頃、
2002年のDown Beat Ruler以来でした。
しかもあの時は俊美さんもなぜかDJをやっただけなので、
ライヴとなるとソウルセット『9 9/9』(99年)
のツアーくらいまで遡ることに。
あ、すっかり忘れてたけど、
98年にサロンキティからラジオの公開生放送もやった!
深夜にお客さん超満員で。
あの時も俊美さんがゲストだった。
b0133206_13354713.jpg
とにかく、あの頃から来てくれているお客さんや友人が、
まだ現場に脚を運んでくれるのは凄いことだ。
これほどの長い年月を経ても
その関係が保たれていること自体が奇跡だと思う。
ライヴの中でも俊美さんが
僕も含めた周りの人達との関係性の変化について語っていた。
確かにこうやってここにいることが
良くも悪くも積み重ねてきた年輪というか、
お互いそれぞれ環境が変化している部分もある中で、
それでもまたライヴをやって、新しい仲間も増え、
旧くからのお客さんも来てくれてってことに対して
強く意識させられるものがあった。
肝心のライヴも素晴らしく感動的なものになった。
ちょっとズルいなと思うくらい(笑)
記憶が走馬灯のように甦る曲もあったし。
本当に時を記す鐘が鳴ってたような気がします。
あの日、僕は自分の出番以外は裏方に徹していたのですが、
b0133206_13374003.jpg
b0133206_13364785.jpg
僕が何も言わなくてもEKDとロス・カブロネス
DJ Kuribayashi
本来それぞれ主役を張れるアクトが、
持ち場を生かしてトリのZ16に繋げてくれました。
初めて見たミドリのマルも良かったし。
b0133206_13390482.jpg
b0133206_13400075.jpg
b0133206_13411325.jpeg

僕にとってはEARTHBEATの締めくくりっていう
意味合いがあったので、
あんな良いライヴになって気持ちに一区切りついた感じですね。
集客するためのプレッシャーとかあってしんどかったけど、
やれて良かったです。
終わってから楽屋を片付けながら、
いつもこういうことを誰かがやってくれてたんだなって
再確認したり。
改めて出演者、お客さん、
サロンキティ始め関係各位に感謝申し上げます。
b0133206_13443121.jpg
b0133206_13432775.jpg

[PR]
# by imag0020 | 2017-02-26 13:31 | My Favorite Things

相原

b0133206_08404496.jpg
ラム&コカコーラ』
/ CHIEKO BEAUTY feat.Tico (LittleTempo)
(LIME RECORDS : LIME-RUMCO-001)

「チエコ・ビューティーのその甘くキュートな歌声に、
Tico from LITTLE TEMPOのスチールパンが加わり最高に心地の良い開放感あふれる"和物カリプソ"が誕生!」

いやー、聴かせてもらったら
思ったより緩い感じだった。
けど、これがリアルなカリプソだと思う。
DJ的にはどうしてもクラブユースなノリの
カリブ音楽を求めてしまいがちだが。
トリニダードのスタジオで録音したらしい。
この曲の原曲はマニアじゃなくてもメロディは知ってるであろう
大衆的なポピュラーヒットで、
カバーヴァージョンも多数存在するけど、
これはちゃんとチエコビューティーの歌になってて良かった。
キャプションに和物カリプソと書いてたので、
モロに歌謡曲風に寄せた仕上がりなら嫌だなと思ったが、
そこはさすがベテラン。
ヴォーカルも昔と全く変わっていない。
驚くべき芸歴の長さ。
日本で女性のラヴァーズロックシンガーや
ロックステディヴォーカルなんて、
まだそれほど(て言うかほとんど)いなかった時代から歌ってる。
ウチの資料を調べてみると、
僕がやっていた『グルーヴトレイン』というラジオ番組の
93年10月1日放送回に出演してくれていた。
(しかもガスボーイズのDJバリKーンと一緒に!)
あの時、まるで映画『ストレンジャー・ザン・パラダイス
に登場するエヴァのようにチープなカセットテープレコーダーを片手にぶら下げ、どこに行ってもロックステディを聴いていた
チエコビューティーの姿が記憶に残っている。
90年代にリリースしたシングルの内の何枚かは
今でもレコードバッグの中に入っていて時折かけているけど、
まさか彼女の新曲がそこに加わるとは。
チエコビューティーのファンとして、
カリプソ好きとして嬉しい。

[PR]
# by imag0020 | 2017-02-19 08:39 | 大地の音紀行外伝

執筆

ZOOT16のホームページが
リニューアルされました!
プロフィール(的なもの)執筆しました。



と、言うわけで、
いよいよ1週間後に迫りました!
タイムテーブル決定
平日ですが仕事終わりで来場しても
ZOOT16のライヴに間に合うと思います。
よろしくお願いします。

Timetable

18:00 DJ
19:00 Live ミドリのマル
19:30 DJ Ryo Kuribayashi
20:00 Live LOS CABRONES
20:30 DJ カマタヒロシ
21:00 Live THE ZOOT16
22:00 DJ

*都合により変更になる場合があります。

b0133206_18334699.jpeg
TOSHIMI WATANABE a.k.a THE ZOOT16
"W.B.R" TOUR 2017 in Matsuyama

2017/02/23/THU
Live House Salon Kitty

Live
THE ZOOT16

ミドリのマル

LOS CABRONES ー EKD

DJ
カマタヒロシ

Ryo Kuribayashi

開場 18:00 開演 19:00
料金 前売 3000円
当日 3500円
(共にドリンク代別)
*小.中学生以下は保護者同伴の元入場無料

チケット発売中
Lコード:62427
三津浜とぉから
銀天街まるいレコード
千舟町藤村ビル2階古着屋肉
ロープウェイ街 RICO SWEETS


チケットは上記店舗でも
お求めいただけます。

その他お問い合わせメール
z16myc@imag.jp

サロンキティ松山
〒790-0013
愛媛県松山市河原町138キティビル1F
Phone:089-945-0020
Fax:089-945-0021
Mail:info@salonkitty.co.jp

information
imag.jp/z16myc/

[PR]
# by imag0020 | 2017-02-16 18:53 | インフォメーション

土壌

THE ZOOT16(ズート・シックスティーン、以下Z16)
は2002年に結成された。
僕はその誕生の瞬間をよく憶えている。
と言うより深く関わっていた。
なにしろバンド名の名付け親みたいなものだ。
当時『ZOOT SUNRISE SOUNDS』というショップをやっていて、
その中から生まれたコンセプトの一つが『ZOOT16』だった。
スチャダラパーやタケイグッドマン氏らと共に企画・制作した
音源やグッズを詰め込んだ同名のボックスセットを発売したこともあり、
Z16は正式なバンドというよりも、
その中で派生したユニット的なものとして捉えていた。
ソウルセットも活動を休止していたし、
俊美さんもソロ音源を作ったり、
ライヴしたりってことが増えてきてはいたのだが、
Z16でやろうとした音が、その直前に発表されたソロや
ソウルセットとはあまりにも異なる世界観だったので
意表を突かれてしまった。
当初松山だけでレコードやギアーを販売するショップに過ぎなかったZOOTが、秋田や東京にオープンし、
やがてバンド名になり、レーベル名になり、
という更に予想もしていなかった展開になっていったのである。
おかげで僕はZ16について文章を書く作業をたくさん任せてもらえるようになった。
b0133206_18293696.jpg
初めて書いたテキストが掲載されたホットスタッフ社のフリーペーパーや、
b0133206_18302782.jpg
ファーストシングル『Dirty Huggy』の広告など
全て保管してあるし、
b0133206_18305981.jpg
最も気合いの入ったセカンドアルバム『MUTINY』への帯コメントも忘れられない。
b0133206_18313617.jpg
DMRの通販リストより。僕のテープも取り扱ってくれている。

デビューしたばかりのスライマングースとともに、
Z16初地方ライヴとなった福岡でのイベントで、
ホテイ君がベースを弾いて、
僕がトラックをかけるDJを担当したこともある。
つまり僕もZ16の初期メンバーだったのだ(笑)
とにかく個人的にもいろんなことを経験させてもらったのがZ16であり、
そのバンドが15年もの長い年月を経て、
まだ活動をしていることにも驚きである。
俊美さんのバンドへの情熱がZ16に集約されていることは観に来てもらえれば解るはず。
このようなフルバンドでのツアーは今後2度とない機会なので、
是非とも体験してほしい。
そして、ここにEKDも参加していることは松山の人はもっと誇るべきだろう。
これもこの街ならではの流れから生まれているからだ。
今回のツアーで松山が最も盛り上がるべき土壌がある。
個人的にも、このタイミングで実現するのは何かに導かれているような気がしている。

b0133206_18334699.jpeg
TOSHIMI WATANABE
a.k.a THE ZOOT16
"W.B.R" TOUR 2017 in Matsuyama


2017/02/23/THU
Live House Salon Kitty

Live
THE ZOOT16
渡辺俊美 (G & Vo.)
Mi-CHANG (Dr.)
NIKA (Key.)
UJ (Sax)

ミドリのマル
Dr.Mi-CHANG (Dr.)
NIKA (Key.)

LOS CABRONES
EKD (G & Vo.)
EMINCO (Pianica)
岡本ケイタ (Cajon)
http://ekd-fzmx.com/

DJ
カマタヒロシ

Ryo Kuribayashi

開場 18:00 開演 19:00
料金 前売 3000円
当日 3500円
(共にドリンク代別)
*小.中学生以下は保護者同伴の元入場無料

チケット発売中
Lコード:62427
三津浜とぉから
銀天街まるいレコード
千舟町藤村ビル2階古着屋
ロープウェイ街 RICO SWEETS
他、知人友人が立ち寄りそうな各ショップに
取扱いご協力いただいてます。

その他お問い合わせメール
z16myc@imag.jp

サロンキティ松山
〒790-0013
愛媛県松山市河原町138キティビル1F
Phone:089-945-0020
Fax:089-945-0021
Mail:info@salonkitty.co.jp

information
imag.jp/z16myc/
*タイムテーブル及び詳細は
こちらで発表します。


[PR]
# by imag0020 | 2017-02-09 18:26 | 大地の音紀行外伝
line

DJ / 音楽評判家 / 80's洋楽王 / マット・マートン・ファンクラブ / 野球カード蒐集家


by imag0020
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30