アイマグブログ― カマタヒロシ 

imag002.exblog.jp ブログトップ

『インパクト・ジャケット図鑑』#2

『インパクト・ジャケット図鑑』#2
TWISTED SISTER / WE’RE NOT GONNA TAKE IT
b0133206_1954785.jpg

80年代にはハードロック(HR)、ヘヴィメタル(HM)の全世界的ブームがあった。
デフ・レパード、アイアン・メイデン、ホワイト・スネイク、ジューダス・プリースト、
オジー・オズボーンといった英国勢を始め、オーストラリアからAC/DC、
ドイツのスコーピオンズ、スウェーデンのヨーロッパ(妙な書き方だが)、
はたまた日本のバンド、ラウドネスまで米国進出を果たしているのだ。
当然、アメリカ国内のバンドの躍進は物凄いものがあって、
ヴァン・ヘイレン、ボン・ジョヴィ、ガンズ・アンド・ローゼズら超ビッグ系から
クワイエット・ライオット、モトリー・クルー、ラットらのいわゆるL.A.メタル系、
他にもシンデレラ、ポイズン、ナイト・レンジャーといったバンドが人気を集め、
ついにはキッス、エアロスミス、チープ・トリックなど70年代から活動する
ベテラン勢まで大復活を遂げ、チャートを賑わすHR/HMバブル期を迎えた。
ここに登場するトゥイステッド・シスター(TS)はそんなバブルの恩恵を受けて
ヒットを飛ばしたバンドの一つだ。
グラム・ロックのファッションやキッスのメイクアップの影響を受けたバンドは
当時米国内外を問わず無数に存在していたが、ルックスのインパクトという
点では、このTSとW.A.S.P.というバンドが突出していたような気がする。
ただ、他のバンドの多くが美形ルックスを売りにしていたのに対し、
彼らはニューヨーク・ドールズ風なオカマ・メイクを施したキワモノさで話題を集め、
その見た目からは想像出来ないポップでキャッチーな楽曲がMTV効果も手伝い
大ヒットに繋がっていったのである。
このジャケットは全米チャート15位、なんと300万枚ものセールスを記録した
アルバム[Stay Hungry](84年)からの流用デザイン。
他にも何曲かのヒットを飛ばしたTSだが、バブル終焉とともに消えていった。
と、思っていたが驚いたことに再結成してオールド・ファンを喜ばせているらしい。
[PR]
# by imag0020 | 2008-05-29 19:54 | レコード日記

『インパクト・ジャケット図鑑』#1

『インパクト・ジャケット図鑑』#1
BOW WOW WOW / I WANT CANDY
b0133206_10382689.jpg

マルコム・マクラーレンが仕掛け人となり話題を集めた
バウワウワウの1stアルバム
『ジャングルでファン・ファン・ファン』
(これも脱力系邦題、ていうかファンボーイスリーとかぶってる)
からのシングル。
82年の初来日ライヴ(with MADNESS!)直後にリリースされたこのシングル、
老舗音楽誌『MUSIC MAGAZINE』のカバーデザインを流用した
日本国内盤仕様ジャケットである。
[I Want Candy]→『好甘味棒』、カップリングの
[Prince Of Darkness]→『暗黒王子』と無理矢理漢字で表記してある。
決してカッコイイとは言えないが、インパクト大。
それにしても、ミュージックマガジンの表紙イラストは昔から疑問だ。
[PR]
# by imag0020 | 2008-05-27 10:13 | レコード日記

『素晴らしき邦題の世界』シリーズ#11

『素晴らしき邦題の世界』シリーズ#11

BRUCE LEE / MY WAY OF KUNG-FU
b0133206_21452461.jpg

今回はこのシリーズ中ではかなりの異色作を紹介。
老舗映画専門誌『ロードショー』の
ブルース・リー7周忌追悼記念号特別付録として
制作されたソノ・シート7インチ。
東宝レコードからLP、シングルが発売された
『マイ・ウエイ・オブ・カンフー』(79年)
から抜粋して編集したダイジェスト盤。
香港ゴールデン・ハーベスト社が長年秘蔵していた
肉声録音テープ(英語、広東語のヴァージョンがある) を
編集し、音楽を加えたもので、正式な録音年月日は不明。
(まだリーの主宰する『ジークンドー』という
オリジナル武道の名称が出てこないことから、
かなり初期、『グリーン・ホーネット』の頃
ではないかと言われている)
『燃えよドラゴン』で「考えるな、感じろ」
と、弟子に対して語るシーンはあまりにも有名だが、
リーの『マイ・フィロソフィ』はあまりにも深い。
しかし、リーは絶妙な『たとえ上手』でもあり、
かなり難解な内容であっても興味深く聴けるし、
なんとなく理解出来たような気分にさせてくれるのである。
それにしても『私の武道哲学』とは、
堅いイメージではあるが絶妙な邦題センスである。
こんな哲学を語っただけのレコードまで話題になるほど
当時リーの作品はまだまだ渇望されていたわけで、
没後7年を経てもなお、
リーの人気が全く衰えていなかった事の証明となる1枚である。
ただ、哲学を語るのに『怪鳥音』(リーの雄叫び)は必要ないと思う。
[PR]
# by imag0020 | 2008-05-21 21:45 | レコード日記

『素晴らしき邦題の世界』シリーズ#10

『素晴らしき邦題の世界』シリーズ#10

RHYTHM HERITAGE / THEME FROM S.W.A.T.
b0133206_1854512.jpg

ロック、ソウル、レゲエ、パンク、ヒップホップ etc.
我々の嗜好する音楽が共通して抱える最大のテーマ
それは『抵抗、反逆』である。
我々はそれらを総称して[REBEL MUSIC]と呼んでいるが、
今回はその『反逆』を邦題に使ったシングルを紹介。
まずは、トム・スコットにレイ・パーカーJr.、ゲストにリー・リトナーまで参加した
西海岸の凄腕スタジオ・ミュージシャンの集合体フュージョン・グループ
リズム・ヘリテッジのアルバム[Disco-Fied](76年)からの全米No.1ヒット。
これは米ABCテレビが75年から放映し人気を博したドラマ
『特別狙撃隊SWAT』のテーマ曲で、
スタジオ・ミュージシャンの演奏による史上初の全米1位曲である。
ジャケットに『ディスコサウンズ』と表記されている通り、
この年代は続々とディスコヒットが生まれるディスコ黄金期であった。
しかし、我々にとって重要なのは、この曲があの
レア・グルーヴ、クラシック・ブレイクの入門者にとって
ガイド・ブック的な役割を果たすパイレーツ・コンピ
[Ultimate Breaks & Beats]シリーズ(全25編)に収録されていることだ。
この曲の最も有名なサンプリング例として
[L.L.COOL J. / I'm Bad](87年) の、
http://www.youtube.com/watch?v=ZpM4G20Ltpk&feature=related
クールJの声とともに飛び切り揚がっていく
あのイントロ部分の元ネタがこの曲である事を知り、
さらに今度はそれを2枚がけするトリッキーなプレイへと発展していく。
ヒップホップの様式やマナーを順に体現できる理想的な、
まさに『反逆のテーマ』である。

BILLY IDOL / REBEL YELL
b0133206_1862831.jpg

ピストルズ、クラッシュ、ダムド、ジャム、
英国のパンク・ムーヴメントから多くの才能(タレント)が
生まれたことは改めてここで紹介するまでもないが、
中でもここに挙げるビリー・アイドルは
最も商業的成功を収めたアーティストの一人だろう。
ビリー・アイドルは通称「ブロムリー軍団」と呼ばれた
ピストルズの親衛隊の構成員(ただの取り巻き)だった。
そこには後にピストルズのメンバーとなり、
パンク・イコンとなるシド・ヴィシャスや、
スージー&ザ・バンシーズを結成するスージー・スー、
他にもアダム・アントなども含まれていたようだ。
(プリテンダーズのクリッシー・ハインドやポーグスのシェーンらの姿も
初期パンクのドキュメンタリーで確認できる)
ビリー・アイドルは自身のバンド、ジェネレーションXを結成し、
ルックスの良さも手伝って日本でも人気を誇っていたが解散、
81年、単身ニューヨークに渡る。
そして、このシングルと同タイトルのソロ第3弾アルバム(83年)で、
ついに全米でのブレイクを果たすのである。
それにしても、パンクにシリアスなものを求めるリスナーには
絶対に受け入れられることのなさそうな、
ビリーのキャラ立ち具合も今となっては結構笑える。
(50代になった現在も当時とほとんど変わらないルックスらしい)
『反逆のアイドル』と、仰々しく銘打った邦題だが、
歌詞を読む限り大してメッセージ性のある反逆でもないし、
シドらが作ったステレオタイプなパンクのイメージを偶像化した
ストレートなロッカーに過ぎなかったのだ。
同じくジェネレーションXのベーシストだったトニー・ジェイムスが結成する
ジグ・ジグ・スパトニックの方がもっと如何わしくてカッコイイ。
(こちらも『反逆』とは程遠いイメージではあるが)
最後にその他の『反逆』ソングを挙げてみよう。
反逆のジャンプ / モントローズ(76年)
反逆のロックンロール / クワイエットライオット(78年)
他にもあるだろうが意外に少ないかもしれない…。
[PR]
# by imag0020 | 2008-05-20 18:08 | レコード日記

『素晴らしき邦題の世界シリーズ』#9

『素晴らしき邦題の世界シリーズ』#9
SCORPIONS / IS THERE ANYBODY THERE?
b0133206_19443947.jpg

ジャーマン・ハードロックの雄、スコーピオンズの6 thアルバム
[Lovedrive](79年)よりシングル・カット。
このインパクトのあるジャケットはアルバムからの流用である。
ハードロック・バンドのスコーピオンズがレゲエ?…。
全くピンと来ないが、これがなかなか良い曲。
スコーピオンズはアルバムの邦題も名作揃いだ。
1 stアルバムから『恐怖の蠍団』、『電撃の蠍団』、『復讐の蠍団』、
『狂熱の蠍団』、『暴虐の蠍団』、『蠍団爆発!(ライヴ)』…と続く。
もう、原題に関係無く「なんでも蠍団」の世界である。
このような邦題のセンスもハードロック、メタルの様式美の一つ。
[PR]
# by imag0020 | 2008-05-10 19:49 | レコード日記
line

DJ / 音楽評判家 / 80's洋楽王 / マットマートンファンクラブ / アイマグ編集長


by imag0020
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31