アイマグブログ― カマタヒロシ 

imag002.exblog.jp ブログトップ

相乗

Bar Caezar 12th Anniversary Party

b0133206_08392648.jpg

2019.4.6 (Sat)

Open/Last  21:00/4:00

Ticket Adv  2500yen w.1Drink


Guest Dj

HOTTEST NEO  CLASSICS

クボタタケシ × カマタヒロシ 


Dj

Ohashi  (SAADIA RECORD) 

Dj TOKNOW

(ROMANCREW , UNTIMATE 4TH) 

MID NIGHT SOUND 

Nori (ROCK TRIBE)

BEER GERONIMO (Proceed)


クボタタケシが1年ぶりにやってくる。

クボタが初めて松山に来たのが96なので、

なんともう23年も来ていることに。

96年当時はまだフライヤーに

クボタタケシ (キミドリ)

って表記していた。

当初からキミドリのファンだった僕は

クボタが川辺ヒロシ君達と一緒にDJをやっていることを知り、

あのキミドリの音楽から一体どんな選曲をする人なんだろう?

暗い曲ばかりかけるんかな?と興味を持ち、

今度是非一緒に来てほしいとオファーした。

ラップグループでバックトラックを担当するDJ

クラブでもプレイしているのは珍しくないけど、

ラップをやっている人がクラブDJをやっているなんて

当時はあまり聞いたことなかったし。

クボタ自身もキミドリとか関係なく、

いちDJとして地方に呼ばれたのは松山が最初だったらしい。

まだ、ミックステープ『CLASSICS』をリリースする前なので確かに地方の人には知られてなかったであろう。

正直、僕も川辺君のバーターじゃないけど、

まぁ、キミドリを知ってるお客さんが来てくれるだろう、くらいの軽い気持ちで呼んだ。

それが後々の僕のDJキャリアに影響するようなとんでもない出会いになるとは知る由もなく。

僕もDJを始めた頃からオールジャンルだった。

ルーツミュージックから日本語の曲まで、

カッコいいと思えるものはなんでもかけてた。

けど、クボタはそれをさらに自由にして、

それまでDJの間で暗黙の内に存在していた

選曲の固定概念みたいなのをぶっ壊していた。

エー!こんなんありー?って衝撃を喰らった。

しかも、暗い曲じゃなくてめっちゃポップだし

今でこそクボタの選曲スタイルは認知され、

全国にフォロワーを生んでいるけど、

最初はもう本当に驚きでしかなかったし、

これはもっとみんなに知ってもらいたいって思った。

そして一緒にプレイするようになって明らかに僕のDJにも変化が起こっていった。

それからは毎年定期的に来てもらうようになったし、1年に2回も来てた年もあった。

HOTTEST NEO CLASSICS』で

僕自身もクボタと一緒にあちこちの街に呼んでもらったりと良い経験をさせてもらった。

クボタのミックスCDリリース特典でタワレコとHMV用に

2人で曲の解説をする仕事をavexからオファーされたり、

公式プロフィールを書かせてもらったり、 

これほど長く深い付き合いになるとは想いもよらなかった。

今回シーザーは12周年らしいけど、

もうオープン時からずっとアニバーサリーにクボタを呼んでくれてて感謝している。

僕の中で特に想い出に残ってるのは、

2008年にシーザー1周年記念で開催された

HNC10年分のクラシックス』と題して、

MCジャーゲを迎えてお送りした回。

アレはホント凄かった。

文句なしのベストパーティーだった。

僕の中で伝説的な夜になった。

b0133206_08423645.jpg

僕は一年前のクボタが来たパーティに初めて出演しなかったんですけど、正直言って今回も出れないかなって思ってました。

いま僕はクラブでプレイするような環境じゃなくて、

他でも誘われたらお断りしてたんです。

でも、今回クボタとシーザーから出てくれと連絡を貰い、

迷った挙句、久しぶりにクラブでプレイさせてもらうことにしました。

いま、クラブではライヴを含む何かしらのパフォーマンスやフードなど参加しやすい状況を作らないと、

DJのみのパーティではなかなかお客さんが集まりにくくなっているそうだ。

でも、あの頃の僕らは純粋に選曲だけで盛り上がってたし、

それを再現できるのはDJの中のDJと言える存在、

クボタしかいないのかな、とも思います。

僕自身もコンビでやった時の相乗効果で良いDJが出来るのでは、と期待しています。


# by imag0020 | 2019-03-25 08:38 | インフォメーション

用途

「(市内某所の)ホームセンターに入荷してましたよ」

とのタレコミを受け何年ぶりかに確保した。

とっくに生産中止になってると思ってた。

b0133206_23083953.jpg

サイズは幅38×奥行き24.5×22.2cmと表記されている


コレ、正式には「フタ付きコンテナ」って名称だったのか。

我々の間では7インチ収納ボックスとして、

かれこれ20年以上前からジャンルを問わず愛用されている。

とにかくコレ、本来は何を入れるためのモノ?って。

誰か正式な用途を教えてほしいし、何のためにこんな7インチにジャストなサイズで作ったのか疑問だ。

b0133206_23130957.jpg
これで約130枚くらい。もう少し入りそう。


昔はレゲエのパーティに行くとクラブのDJブースに

これがたくさん置いててどれが誰のか判らなくなってた。

これを制作している会社は全国のセレクター諸氏が購入している事実を認識しているのであろうか?

まず、みんな何個もまとめ買いするので価格が安いのがありがたい。

7インチ用にジュラルミンのケースなど頑丈な物も発売されてはいるがとにかく重い。 

オシャレで機能性の高いレコードバッグも欲しくなるが、

実用性ではこれに勝てない。

段ボールや紙製のボックスもあるけど、

積み重ねるとどうしても負荷が掛かる。

しかし、これは何段でも重ねられる上に安定感ある。

b0133206_23162324.jpg

DJなどで見たことある人もいるだろう。

それこそ20年以上前にクボタの自宅に行った時に、

このボックスに入った7インチタワーが天井までうず高く積まれていて、

あー、この人はこれが倒れて来て圧死しても本望なのだろう、と解釈しました。

b0133206_03203894.jpg

あと、このフタの上にコロンビアのポータブルプレイヤーが

ピタッとハマるので、

僕はお花見や野外での簡易セットとして重宝してました。

一番手前の透けて見える所に何のレコードを入れておくか

見せレコにも気を配ります。



# by imag0020 | 2019-03-23 22:42 | 7吋

面々

b0133206_14555914.jpg

UJT何かと使えるDEFFRESHな絵文字のメンメン


僕のアイコンを描いてくださった

ヒップホップ四コマのグランドマスター

UJT画伯の主要?キャラクターがLINEスタンプに!

b0133206_14572363.jpg

なんとカマタ君もラインナップに入ってます!

コレは嬉しい!

そもそも、UJT先生に描いていただいたイラストは

DJプレイ中の僕の全体図で、

この顔とヘッドフォンだけを切り抜いたアイコンは

こちらが勝手にやってたんです

(しかも、かなり使い倒してますが)

コレで晴れてオフィシャルになりました。

あとはいつか先生の漫画に登場させてもらえたらなー、

と期待してます。

いやー、ホント嬉しい。

皆さん、是非購入して使ってください!

ただし、僕はLINEスタンプの事をよく理解してない!

FRESH!


https://store.line.me/emojishop/product/5c919ed8031a677a3a49dc2e/ja


b0133206_14584553.jpg

TOWER RECORDS bounce誌での連載は

なんと20年目!

昔は全部切り抜いて保存してたなー。


# by imag0020 | 2019-03-23 14:55 | My Favorite Things

夢中

素晴らしき邦題の世界シリーズ vol.14

b0133206_13274063.jpg

Modern Romance / Can You Move


今回紹介するのは

モダン・ロマンスの『サルサに夢中

所謂英国ファンカラティーナ・ムーヴメントの旗手

モダンロマンスの82年シングル。

この頃の曲はどれも良いし、

DJでも普通に使い勝手が良くて必ず何枚かレコードバッグに入っている。

ディスコ世代を筆頭にクラブ全方位どんなお客さんにもウケがいい。

この曲はオールドスクールラップの要素も含んでるし、

ガラージクラシックとしても知られているが、

日本のレコード会社はとにかくこの

ブリティッシュ・サルサ」を流行らせたかったのだろう。

ハッキリ言ってこの曲の歌詞で特に内容のある何かを歌っている訳では無い典型的なパーティーチューンだから、

普通にカタカナで原題をなぞるのが一般的だが、

どうしても「サルサ」というワードを使いたかったようで

実にシンプルかつ明快な邦題に仕上げている。

この曲はUSダンスクラブチャート2位に入るフロアヒットとなったので、

世界中で12インチシングルが流通しているのだが、

日本だけでこのような独自ジャケに邦題付きで7インチがリリースされている。

ジャケのデザインも良いし国内盤7インチ好きな僕の満足度も非常に高い一枚だ。

カップリングの『おしゃべりクイーン』についても、

おしゃべり魔女』『おしゃべりカーティス』と並ぶ、

ラップ=「おしゃべり」邦題シリーズだと思うので、

いずれ紹介しなくてはいけないなと。



b0133206_13313866.jpg

余談

ちなみにこの曲の冒頭のリリック

Can you move? Can you move?

 Can you shake to the rhythm of the latin groove?

は、スチャダラパーの名盤『The 9th Sense』に収録されている『FUN-KEY4-1の中で

命中 的中 ここでキックするリズム一晩中

と、さりげなくメロディと共に引用していることを発見したのは僕だけだと思う。


# by imag0020 | 2019-03-16 13:26 | 素晴らしき邦題の世界

滞在

b0133206_08141057.jpg

今年も開幕早々にやって来てくれるセリーグ公式戦

昨年と同じ両チームの対戦で嬉しいのだが、

実は昨年も観戦できなかったので今年こそはと思っている。

プロ野球を好きな方はご存知だと思うが、

通常1つの対戦カードは3試合1セットだ。

以前は松山でも3試合開催されてたのだが、

いつの間にか2試合に減らされた。 

結構雨天中止になることも多かったし、

地方だと移動日や予備日の都合もあるから仕方ない部分もある。

しかし、今年はなんと1試合のみになってた。

1試合でも毎年来てくれることに感謝しなければいけないが、

1試合やるためにわざわざ松山までやって来てペイ出来るのだろうか?

と、余計な心配してしまう。

当然、プロ野球の試合開催には物凄い人数が移動してくる。

選手、首脳陣、チームスタッフだけでも数十名、

他にも取材陣やら何やらでとんでもない大移動してくる。

その経費は物凄いことになっているはず。

試合数を多くした方が興行収入も増えるが滞在日数分の経費も増す。

3試合開催して3試合ともソールドアウトになれば問題無いのだろうが。

そしたら、ある人から聞いた話によると、

どうやら阪神サイドの宿泊先が確保できなくてやむなく1試合になったと言うのだ。

こういう日程が本格的に決定するのが、

どれくらい前なのか解らないけど、

そんな事あるのか、と驚いた。

阪神が松山に来たら常宿してるAは老舗で大きいホテルではあるけど、

松山にも新しいホテルは増えてるし市内中心部だけでなく道後にもホテルは多い。

例の大型連休とも被ってないし、いくらなんでも全く確保できないなんて。

よく都市伝説レベルで話に聞く「医師の学会」とかいうやつか?

僕らのイベントでもゲストのホテルが取れなくて、

他の地方都市でも医師の学会とジャニーズのコンサートだけは市内のホテル一室も空室無くなるから気をつけろと言われているのだが今回は定かではない。

どうせ3試合あっても全部観に行ける訳じゃないけど、

僕なんかは阪神が松山に滞在してるって事で生まれるドラマに期待していて。

「マートンが吉野家にいます」って連絡受けて急いで走って行ったり

知人のラーメン屋さんにメッセンジャーが来た、とか、

試合より選手目撃情報の方が楽しみだったりして。

1試合だけ松山でやって翌日朝すぐ移動して神宮で試合なんて、かなり無茶だと思うけどなー。


あと、このポスター、僕ならもっとカッコいいデザインを考えるんでやらせてもらえませんかね?


# by imag0020 | 2019-03-16 08:13 | My Favorite Things

DJ / 音楽評判家 / 80's洋楽王 / マットマートンファンクラブ / アイマグ編集長


by imag0020
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31