アイマグブログ― カマタヒロシ 

imag002.exblog.jp ブログトップ

福岡

福岡サンセットライヴ

b0133206_1112775.jpg

新幹線さくら車内で床にしゃがみこんで
寝るオイスカ ワタルバスター


広島から早朝出発で福岡へ。
久しぶりの野外ライヴ。
夏、野外、ビーチ
どれ一つ取っても自分に似合わないことは
他人に言われるまでもなく
自分自身が誰よりも理解している。
b0133206_11141413.jpg

あの炎天下のステージに全身真っ黒の
スーツで登場したオイスカ ヒロシブラウン


デーゲームの苦手な僕が
最も陽射しの強い
午後のステージに
"Down Beat Ruler"
クルーとして出演した。
しかも出番はフェスに滅法強い
オイスカのライヴの後、
そしてMURO君にバトンを渡す
セットアッパーのような役目だ。
地味ながらゲームの終盤に向かう
行方を左右する非常に重要な役割。
しかもこれほどデカイ会場は初めてだ。
もう緊張する余裕すらなくスタッフに
ステージ脇に通されオイスカに
熱狂する観客を見ていた。
b0133206_11155679.jpg

ステージ上から撮影した観客
b0133206_11165364.jpg

ちょっと見えにくいが観客席から撮影した自分

ステージ上は
あまりにも暑くて
プレイ中のレコードが
直射日光のせいで
回りながら反りはじめた!
曲が始まって僅か一分ほどで
グニャリと変形したシングル盤。
これはマズイと急遽CDプレイに
切り替えて対処、
なんとかゲームを壊すことなく出番を終えた。
b0133206_11182526.jpg

次のMURO君は100パーセント
ジャマイカン45セットだから
慌ててスタッフさんにブースの上に
簡易屋根をつけてもらった。
あれは初めての体験だったな。
反ったのがレア盤だったら泣くな。
とりあえずMURO君のレゲエ
7インチ2枚がけプレイは圧巻でした。
King of Diggin' !
b0133206_11183245.jpg

そういえば、久しぶりに
EGO-WRAPPIN'にも会えた。
同じステージだったから、
楽屋も同じエリアでした。
森ラッピンには
「DJ KAMATAってカマタさんのことやったん!?」
と驚かれ再会を喜んだ。
よっちゃんも相変わらずステキだったな。
夕方以降の在日ファンクから
エゴのステージも物凄い盛り上がりでした。

移動時間の都合でエゴのライヴの最中に
会場を飛び出して車に乗せてもらって
小倉港へ向かい松山行きフェリー乗船。

今回は本当にいろんなことがあって、
眼の前で起こっている現実と
聴こえてくるその音に向き合いながら
貴重な時間を過ごしました。
やはり楽しみにして集まっている
お客さんが一番大事だなと再確認。
僕にとっても会場で声かけてくれる
お客さんの存在が何より嬉しかった。

とにかく無事2デイズ終了してよかった。

広島、福岡でお世話になった皆さん
ありがとうございました。
[PR]
by imag0020 | 2013-09-10 11:10 | My Favorite Things

DJ / 音楽評判家 / 80's洋楽王 / マットマートンファンクラブ / アイマグ編集長


by imag0020
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30