アイマグブログ― カマタヒロシ 

imag002.exblog.jp ブログトップ

擂木

誰かの訃報の度にこうやってブログに書くのも偲びないが、

亡くなった左とん平さんのレコードについて書く。

b0133206_12051987.jpg

とん平のヘイ・ユウ・ブルース

は、元祖和製レアグルーヴクラシックとして

DJの間で90年代に一大リバイバルが起きた曲だ。

オリジナルリリースは1973年、

同じく90年代に再評価された

かまやつひろしゴロワーズを吸ったことがあるかい

https://imag002.exblog.jp/17007474/

の2年前にリリースされている。

当時そこそこのヒットにはなったようだが、

小学生の僕は全然知らなかった。


90年代初頭には僕らの間では有名だったけど、

誰が最初に見つけてきたんだろう?

スチャダラパーのデビューアルバム

スチャダラ大作戦』(1990年)のCDの中に

自分達の好きなゲームやらレコードやら、

漫画やら何やらを並べて撮ってる画像の下に

b0133206_12072586.jpg

DEDICATED TO TONPEI LEFT

って書いてるし、

そう言えば「ヘイユー!」ってフレーズも、

スチャダラパーのテーマpt.2

で既にサンプリングしていた。

確かにJBっぽいし、

そうやってドリフクレイジーキャッツなんかと共に

和ネタを効果的に使うことが初期の彼らにとって重要な表現だった。


ただ、ヘイユウブルースって、

いかにも企画モノって感じのレコードだけど、

探してみたら中古盤屋でも意外にあっさり見つかったので

結構ヒットしてたんだなと思った。

確かに深町純のアレンジもヤバイし、

セリフ混じりの唱法も面白いのだが、

だからと言ってフロアで大ウケするような曲とも思えないし、

曲の存在を知らないと盛り上がらないだろうなと思って、

DJの時の扱いが難しかったのを記憶している。

ただ、B面の『東京っていい街だなぁ』を

93年にECがカバー?したり、

そんな効果もあってか95年にCD化されて、

僕も始めたばかりのラジオではネタとして重宝してた。

その時点で僕らの中では当たり前すぎる曲ではあったけど。

いま想えば僕らの和モノ探しの原点みたいな曲。

ヘイユウブルースとゴロワーズ、あとは、

b0133206_12093312.jpg

日野皓正クインテット『スネイク・ヒップ』

あたりはみんな探してた和レアグルーヴだった。


で、左とん平はヘイユウブルースの翌年にも

同じくミッキーカーチスのプロデュースで

b0133206_12102543.jpg

とん平の酒びたり人生』(1974年)

ってシングルをリリースしていて、

僕はこっちの方が断然好き!

こっちは全然話題になってないし、

当時も売れなかったのか中古盤でもあまり見かけないけど、

どちらかと言えば設定されたキャラを演じた

ヘイユウブルースよりも、酒びたり人生の方が

左とん平の本来の姿に近いような気がする。

(勝手にそう解釈してますが)

男の悲哀を感じさせる歌の内容に、

バスターポインデクスター的な

ゴージャス感ある演奏が乗ってて完成度も高い。

僕の和モノDJには欠かせない一曲だ。

次のシングルはスウィングで行こうって

ミッキーカーチスのアイディアなのかな。


それにしても、あらためて昭和って、

レコードが最先端メディアだったんだなと思う。

ヒット商品、人気のテレビ番組、映画、ギャグ、流行語、

コメディアン、俳優からスポーツ選手、子供まで、

ちょっとでも世間で話題になったり、関心を集めたら

即レコードをリリースしていた時代だった。

僕は左とん平の俳優としての活躍をあまり知らない。

寺内貫太郎一家』でさえ観てないし。

西遊記』に出てたのはよく記憶してるけど。

でも、あれもヒットした最初のシリーズで西田敏行が演じてた

猪八戒の役者が左とん平に代わったことで子供心に不満だったなぁ。

だから、左とん平は僕の中ではシンガーかな。




(文中敬称略)



[PR]
by imag0020 | 2018-03-02 12:02 | My Favorite Things
line

DJ / 音楽評判家 / 80's洋楽王 / マットマートンファンクラブ / アイマグ編集長


by imag0020
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30