人気ブログランキング |

アイマグブログ― カマタヒロシ 

imag002.exblog.jp ブログトップ

2009年 06月 30日 ( 1 )

TV CLIP REEL

YouTubeで見付けたSTRAY CATSデビュー時の日英米TVパフォーマンス


Top Of The Pops(BBC-UK) 1980年
英国BBCにて2006年まで40年以上の長きに渡って放送されていた国民的音楽番組
『トップ・オブ・ザ・ポップス』でのパフォーマンス。
この番組に限らず海外の音楽番組は基本的に口パクでの出演が一般的ではあるのだが、
ストレイ・キャッツの場合このトリオ構成で完璧にライヴが出来るので
非常にもったいないなという印象を受ける。
彼らはデビュー当時、英国をフランチャイズに活動していたのだが、
スゥインギン・ロンドン、ニュー・ロマンティックの流行に見事にハマり、大成功を収めることになる。
この頃のブライアン・セッツアーのカッコよさは反則としか言いようがない。


ローリング・ポップス(関西テレビ-JPN) 1981年
コレはスゴイ!
80年代初頭に関西ローカルで放送されていた音楽番組でのライヴで、
初来日を果たした81年9月に収録されたものと思われる非常に貴重な映像だ。
しかも画像、音声ともに超良質ランクで、当時の日本の一般家庭における
ヴィデオデッキ普及率を考えると、かなり奇跡的なお宝映像だと言える(流出か?)
口パクではなく、ちゃんと演奏している上に、当時日本のTV CMに起用された
“What’s Goin’ Down”(ごーいんDown Town)を初めシングル3曲をプレイ!
なぜ、こんなだだっ広い殺風景なスタジオで演奏しているのかと思いきや、
途中から当時の大阪ローラー(ロカビリー)族の方々が続々と乱入し、
一心不乱にツイストを踊り始めるという目映い光景が展開されるのだ。
当時これほど大量に50’sカルチャーを追い求める若者がいたのは
間違いなく日本だけの現象で、感動したブライアン達は原宿ホコテンに
熱心に通いつめたという逸話も遺されているほどだ。


Fridays(ABC-US) 1981年
ストレイキャッツのアメリカのTVにおける初パフォーマンスがこの番組。
81年12月のものと思われる。
3人のパフォーマンスも異常にテンションが高く、演奏も良い。
しかし、さすがアメリカ、観客がダサい!
ロカ風な奴も少なく、ファッション、踊りともに全然イケてない。
とてもロックンロールを発明した国とは思えないほどだ。
おそらく、彼らのロカビリーサウンドをアメリカ人は、
ただのオールディーズとしか捉えていなかったのであろう。
彼らが本国に見切りを付け、英国と日本で先にブレイクを果たすのも
当然の選択だったのかもしれない。



『HEY HEY HEY』とか『Music Lovers』とか、ほとんど見ないけど
日本の音楽番組でスタジオに観客を集めて収録されたライヴって、
どうしてあんなに観客のノリが不自然なのだろうか?
予め、そのアーティストのファンを観覧に集めてるのもあるだろうけど、
全員が同じように手を上げて決められたような動きをするのがコワイ。
by imag0020 | 2009-06-30 23:49 | My Favorite Things

DJ / 音楽評判家 / 80's洋楽王 / マットマートンファンクラブ / アイマグ編集長


by imag0020
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30