アイマグブログ― カマタヒロシ 

imag002.exblog.jp ブログトップ

<   2018年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

拮抗

唐突だが10年ほど前から豆乳が好きだ。

特にこだわりがある訳ではなくて、

普通にコンビニに売ってる紀文の豆乳を

普通に飲むのが一番好き。

b0133206_05461542.jpg

あのパッケージの謎のポップアートも好き。

ま、紀文の豆乳はそれなりに飲みやすい味に調整されてるのだろうが、

健康の為というより普通にあの味が好き。

無調整の豆乳も普通に飲めるけど。

で、ハマった当初は豆乳が入った食べ物ならなんでも試していて、

豆乳プリン、豆乳ドーナツ、豆乳アイスなどのお菓子から、

女子力高そうな豆乳鍋まで食べに行ったり。

ある日、コンビニで初めて見る豆乳クッキーを見つけて、

オッ、新製品か、と思って何も考えずにレジに持ってったら、

犬用」って書いてて慌てて戻したこともある。

b0133206_05482459.jpg

(犬に豆乳の味がわかるんかい!とツッコミながら)

あちこちで豆乳好きを公言してたら某RICO SWEETSでも、

座ったら自動的にソイラテが出てくるようになっていた。

(ちなみにメニューには無いそうだ)


で、ここからが本題なのだが、

最近は全くお酒を飲まない生活を送っていて、

たまにご飯を食べに行ってもノンアルコールビールを頼んだりしている。

DJもやってないからクラブにも行かなくなって余計に呑む機会も無くなった。

そもそも僕は毎日お酒を飲むタイプでもなかったのだが、

別に飲めない訳でもないしお酒が嫌いな訳でもない。

ビール1杯と麦(or米)焼酎のウーロン割を

食事の補助として嗜む程度ではあるが、

最近はそれすら呑まなくなっていた。

そんな嗜好品の無い日々を送っていたら、

僕の松山城DJを毎年ブッキングしてくれている

和モノディガー江戸がオープンさせた、

リバーサイドなんちゃら

とかいう名前のポテト屋が帰宅ルートに出来ていて、

通りがかりに遭遇した際に

「カマタさんの絶対好きなのがあるんで是非1杯奢らせてください」

と、得意の無理矢理プレゼンで出てきたのが

キンミヤ豆乳だった。

b0133206_05513281.jpg

キンミヤ豆乳とは読んで字の如し、

キンミヤ焼酎を豆乳で割ったもので、

見た目はこの通りお酒って感じはしない。

お酒呑むのは躊躇したが、豆乳を使っているものはとりあえず試したいので恐る恐る呑んでみるとコレがホントに美味しい!

豆乳を投入する比率はよくわからないけど、

僕が呑んだものは焼酎より豆乳の方が強かった。

とにかく味が気に入った!

聞けば代官山UNITに勤めていたM君が松山に移住してあちこちに持ち込んでからというもの瞬く間に河原町界隈で流行り始めたらしく、

キンミヤナイトなるパーティまでやってるらしい。

いつの間にか街の事情から取り残されていた。

b0133206_05524913.jpg

それは良いとして、このキンミヤ焼酎って、

松山のバーや居酒屋でもほとんど見かけないような気がする。

江戸が言うには松山の酒屋やコンビニでキンミヤを取り扱ってる店が極端に少ないらしい。

じゃあ、キンミヤ豆乳を飲みたければリバーサイドなんちゃらに行くしかないのか?

気になってそれ以降コンビニやスーパーの

リカー棚を見ても本当に置いていなかった。

b0133206_05540506.jpg

実は以前から東京モッズシーンの古株の方が

シャリキン』という

「キンキンに凍らせたキンミヤ」

のパッケージを神宮での野球観戦のお供として

SNSに度々アップしているのを見て、

そのラベルのデザインに惹かれていたのだが、

それこそがこのキンミヤだったのだ。

b0133206_05544187.jpg

その話をすると江戸からキンミヤのパンフとステッカーまで貰って大満足。

あ、ちなみに正式な名称は亀甲宮(キッコーミヤ)焼酎らしく、

もう一つちなみに言うと紀文の豆乳も現在はキッコーマン豆乳になっている。

と言うわけでキッコーミヤとキッコーマンの拮抗(コラボ)の話でした。


[PR]
by imag0020 | 2018-03-23 05:44 | My Favorite Things

擂木

誰かの訃報の度にこうやってブログに書くのも偲びないが、

亡くなった左とん平さんのレコードについて書く。

b0133206_12051987.jpg

とん平のヘイ・ユウ・ブルース

は、元祖和製レアグルーヴクラシックとして

DJの間で90年代に一大リバイバルが起きた曲だ。

オリジナルリリースは1973年、

同じく90年代に再評価された

かまやつひろしゴロワーズを吸ったことがあるかい

https://imag002.exblog.jp/17007474/

の2年前にリリースされている。

当時そこそこのヒットにはなったようだが、

小学生の僕は全然知らなかった。


90年代初頭には僕らの間では有名だったけど、

誰が最初に見つけてきたんだろう?

スチャダラパーのデビューアルバム

スチャダラ大作戦』(1990年)のCDの中に

自分達の好きなゲームやらレコードやら、

漫画やら何やらを並べて撮ってる画像の下に

b0133206_12072586.jpg

DEDICATED TO TONPEI LEFT

って書いてるし、

そう言えば「ヘイユー!」ってフレーズも、

スチャダラパーのテーマpt.2

で既にサンプリングしていた。

確かにJBっぽいし、

そうやってドリフクレイジーキャッツなんかと共に

和ネタを効果的に使うことが初期の彼らにとって重要な表現だった。


ただ、ヘイユウブルースって、

いかにも企画モノって感じのレコードだけど、

探してみたら中古盤屋でも意外にあっさり見つかったので

結構ヒットしてたんだなと思った。

確かに深町純のアレンジもヤバイし、

セリフ混じりの唱法も面白いのだが、

だからと言ってフロアで大ウケするような曲とも思えないし、

曲の存在を知らないと盛り上がらないだろうなと思って、

DJの時の扱いが難しかったのを記憶している。

ただ、B面の『東京っていい街だなぁ』を

93年にECがカバー?したり、

そんな効果もあってか95年にCD化されて、

僕も始めたばかりのラジオではネタとして重宝してた。

その時点で僕らの中では当たり前すぎる曲ではあったけど。

いま想えば僕らの和モノ探しの原点みたいな曲。

ヘイユウブルースとゴロワーズ、あとは、

b0133206_12093312.jpg

日野皓正クインテット『スネイク・ヒップ』

あたりはみんな探してた和レアグルーヴだった。


で、左とん平はヘイユウブルースの翌年にも

同じくミッキーカーチスのプロデュースで

b0133206_12102543.jpg

とん平の酒びたり人生』(1974年)

ってシングルをリリースしていて、

僕はこっちの方が断然好き!

こっちは全然話題になってないし、

当時も売れなかったのか中古盤でもあまり見かけないけど、

どちらかと言えば設定されたキャラを演じた

ヘイユウブルースよりも、酒びたり人生の方が

左とん平の本来の姿に近いような気がする。

(勝手にそう解釈してますが)

男の悲哀を感じさせる歌の内容に、

バスターポインデクスター的な

ゴージャス感ある演奏が乗ってて完成度も高い。

僕の和モノDJには欠かせない一曲だ。

次のシングルはスウィングで行こうって

ミッキーカーチスのアイディアなのかな。


それにしても、あらためて昭和って、

レコードが最先端メディアだったんだなと思う。

ヒット商品、人気のテレビ番組、映画、ギャグ、流行語、

コメディアン、俳優からスポーツ選手、子供まで、

ちょっとでも世間で話題になったり、関心を集めたら

即レコードをリリースしていた時代だった。

僕は左とん平の俳優としての活躍をあまり知らない。

寺内貫太郎一家』でさえ観てないし。

西遊記』に出てたのはよく記憶してるけど。

でも、あれもヒットした最初のシリーズで西田敏行が演じてた

猪八戒の役者が左とん平に代わったことで子供心に不満だったなぁ。

だから、左とん平は僕の中ではシンガーかな。




(文中敬称略)



[PR]
by imag0020 | 2018-03-02 12:02 | My Favorite Things

DJ / 音楽評判家 / 80's洋楽王 / マットマートンファンクラブ / アイマグ編集長


by imag0020
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30