アイマグブログ― カマタヒロシ 

imag002.exblog.jp ブログトップ

<   2018年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

猫寺

b0133206_09371883.jpg

1.5回目を迎える猫寺音楽祭

今まで一度も出たことなかった。

そして今回呼ばれているけど、

フライヤに名前載ってるけど、

都合で出れないかもしれません。

予めご了承ください。

でも、EKDのライヴもあるし、

基本的に泥酔して使い物にならない金宮兄弟とか

TKとか出てるのでフラッと遊びに行ってみては。

フードも良いお店ばかりだし。

でもお客さん多い時は主役の猫達は何処かに行ってて不在だったりします。

b0133206_15023696.jpeg

機材車に興味を示す主役


圓光寺は、それこそ猫目当ての人から

近隣のショップ店員が休憩に利用したり、

サラリーマンがサボりに来たり、

境内で子供が公園代わりに遊んでたり、

アーケード商店街のちょっとしたオアシスになってる大切な空間。

(「お寺として使う人は少ない」と住職談)

僕はどちらかと言えば神社が好きで

どこに行っても神社を見つけたら参拝してますが(本当です)、

ここのお寺で数年前からライヴをやったり、

DJをやるようになってから、

たびたび住職PAのお世話になり、

ちょこちょこ足を運ぶようになりました。

そもそも住職さんでレコードのコレクターって結構多くて

僕のお客さんにも多いんです。

めっちゃレゲエのレコード持ってる住職や、

ジャズコレクターの住職、

DJやられてる住職も何人かいます。

でも、圓光寺の住職は音響マニアっていうか、

PAにこれだけ詳しい人も初めて会った。

僕はレコードが好きなだけで

機材面はかなり疎いので助かってます。

あ、そうそう、僕は今度別の企画で圓光寺さんを使わせてもらうことになったのでお楽しみに。

b0133206_09404210.jpg

この本堂?の手前に鐘が吊ってあるのは普通ですが、

球体の物は実はスピーカーだったっていう

めっちゃ同化してます。

b0133206_09421082.jpg

球体の奏でる音楽


[PR]
by imag0020 | 2018-10-24 09:36 | インフォメーション

薩摩

b0133206_07183271.jpg

『巷で話題の鹿児島のミクスチャー楽団BLOODYの7インチが【Pet Sounds】レーベルより待望の再発!

サイコビリー、ラスティック、スカ等、

ルーディ・ミュージックと、篠笛、太鼓の出会い!

薩摩唐芋楽団、BLOODY!鹿児島産まれの

唯一無二のジャパニーズ・ルード・サウンド!

2015年に発売され完売になった話題の7インチが、

この度、福岡の【Pet Sounds】レーベルよりジャケット、盤も新たに再発!


b0133206_07261421.jpg
↑コレがオリジナルのジャケらしい。


と、言っても再発されたのは、

もう半年も前らしいんですけど、

1年前に紹介した福岡ペットサウンズから、

https://imag002.exblog.jp/27130097/

CDやら7インチやらが届いてました。

先日、福岡辺りをツアーして来たEKDから、

「福岡のH.I.G.O.さんから預かりものありますよ」

って連絡があり、

え?なんで?と。

EKDが九州行ってたの全然知らなかった。

しかも僕がお世話になってる連中のとこ。

なんで一緒に呼んでくれないんだ!

と、思いながらも誘われても行けなかっただろうなと。

で、このBLOODYってバンドの事は全然知らなかったから、

聴いてみたら普通にカッコいいバンドなんですけど、

b0133206_07201925.jpg

B面の『芋焼酎』を聴いて爆笑!


b0133206_07211861.jpg

The Champs / Tequila

って曲あるでしょう?

あのみんなが一斉に「テキーラ!」って言う

有名なフレーズを「芋焼酎!」に変えてカバーしてるんですよ。

テキーラは1958年に全米1位になっている曲で

古今東西無数にカバーが存在してます。

スカクバーノとかサブライムみたいなバンドから

日本のバンドまで多数やってる。

僕は意外にテキーラってかけないけど、

b0133206_07223750.jpg
↑花田さんが来店した際にサイン貰った1st LP, 『テキーラ』収録。

ルースターズのカバーだけは昔ロックトライブでよくかけてたな。

(何かの曲から絶妙に繋がるからかけてたけど、それが何だったか思い出せん)

まぁ、元々ラテンフレイバーな曲なので、

どうアレンジしても面白くなるのかもしれないが、

タイトルそのものを変えてしまうって発想が素晴らしい。

御礼がてらにH.I.G.O.君にメッセージ送って

「九州人にとってはテキーラと芋焼酎は同じ意味を持ってるの?」と聞いてみたら、

「それは全然違います」って

「でも鹿児島の人には芋焼酎の存在が大きいから、そんなパロディーになったのかも」と。

まぁ、確かにルースターズも九州だけど、

ルースターズが「芋焼酎!」とかやらないだろうしな。

とりあえずレーベルで一番売れてるらしく、

一番盛り上がる曲らしい。

今度かけてみよ。

ちなみに僕は芋焼酎もテキーラも呑めません。

各地のクラブで必ず「乾杯しましょー」とか言って

誰かがショットグラスを大量に持ってくるけど、

毎回乾杯だけしてテキーラは飲んだフリして空いてるグラスに移してました 笑

b0133206_07253236.jpg


[PR]
by imag0020 | 2018-10-17 07:12 | 7吋

測定

b0133206_21340620.jpg

b0133206_21340818.jpg

PEANUTS CANDY

Taeno Birthday Party


20181013日(SAT)

18-22

@ nogisu

松山市歩行町1-8-5 富士第一ビル2F


DJ カマタヒロシ

masaki, YUM

with

PEANUTS CANDY POP UP SHOP


[PR]
by imag0020 | 2018-10-08 21:33 | インフォメーション

雀躍

b0133206_21155616.jpg

レモンソング 金色のレスポールを弾く男

水上はるこ

東京図書出版


『レッド・ツェッペリンの人気曲「レモンソング」にインスピレーションを得て、音楽評論家の水上はるこが満を持して発表した待望のロック小説。 

これまで誰にも書けなかった、誰も書かなかったロック・ミュージシャンとの禁断の恋。ロックが幸せだった時代に燃え上がる愛を描いた珠玉の3篇。


こんな本が出ている、と教えられ、

その著者の名前を見て思わず小躍りせんばかりに嬉しかった。


水上 はるこ(みなかみ はるこ) 

元ミュージック・ライフ、Jam、ロックショウ編集長。79年からフリーランスの音楽ライター。72年にサンフランシスコに住み、ヒッピーの終焉を見届け、74年にニューヨークに住み、パンクロックの黎明期を体験する。ロンドン、ブリュッセル、パリ、モスクワなどに居住し、80年代には夏の期間、ロック・フェスティバルを追いかけながら欧州を放浪。ブルース・スプリングスティーン、ポール・マッカートニー、シド・ヴィシャスなどをインタビューした。2002年から8年間、ワシントンDCに住んでいた時期、ボブ・ディラン、ローリング・ストーンズ、オールマン・ブラザーズ・バンドなどのコンサートを鬼周回した。70~90年代に19冊(うち5冊は翻訳)の書籍を出版。


人生の中で友達からアーティストまで、

様々な人物に影響を受けて来たが、

僕はこの水上はるこさんの著書から超特大の影響を受けている。

僕が洋楽に興味を持ち聴きまくっていた80年代

MUSIC LIFE』という雑誌を毎月購読していた。

b0133206_21173068.jpg

当時の編集長は東郷かおる子さんという方で、

その前の編集長が水上はる子(当時は「はる子」と表記していたと思う)さんだった。

(ちなみに、その前はビートルズ関連の取材で知られる星加ルミ子さんで、歴代の編集長が〇〇子さんという女性だったのだ)

当時、フリーライターとして水上はる子さんは出版元のシンコーミュージック社の雑誌よく寄稿されていて、

そのほとんどが僕の好きなタイプのロック、

特に英国のグループについて書かれた記事に

その名前をよく見かけていた。

僕は『ミュージックマガジン』とか読むようなタイプの洋楽ファンじゃ全然なくて、

『ミュージックライフ』のような、

どちらかと言えばヴィジュアル重視の雑誌が好きだった。

当時カッコいいと思った音楽がことごとく英国のグループだったこともあり、

僕の音楽やカルチャーへの興味は自然と英国に向かっていた。

そんなある日、ミュージックライフの広告で知った新発売の本、そのド直球なタイトルに眼を奪われた。

b0133206_21184927.jpg

『ロンドンに行きたい』

これほどストレートに自分の願望が文字になって飛び込んでくることはなかったので、

一瞬たじろいだが、モチロン即購入した。

当然、観光用のガイドブックなどとは一線を画す内容で、

当時の最先端のショップ、美容室、レコード屋、クラブ、ライヴハウスの紹介から、レーベルなどについても書かれていて、

それはもう隅から隅まで読み倒した。

b0133206_21192111.jpg

b0133206_21192231.jpg

でも、今ほど海外旅行に気軽に行ってる人も少なかっただろうし、渡航費用も高かった。

1ポンド300400円の時代だったし。

まぁ、四国に住む高校生から見たら英国はあまりにも遠かった。

遠かったし、周りに行ったことある人なんていなかったけど、

まるで何度も行ったことあるかの如く、

ストリートやマーケットの名称を記憶するほど本を読み返していた。

そう、他でもないこの本の著者が他でもない水上はる子さんだったのだが、

本の著者紹介の一文にさらに衝撃を受けることになる。

「水上はる子 愛媛県出身」

エーーー!マジか!

僕にとってあまりにも遠いロンドンに住み、

現地でアーティストに取材し、交友し、

日本のメディアに紹介する。 

そんな仕事を愛媛の人が?

これは当時の僕にとって本当に言葉で言い表せないほどの衝撃でした。 

きっと僕のようなロンドンに行きたい奴が全国にいっぱいいたのであろう。

この『ロンドンに行きたい』は結構売れたようで、

翌年以降もシリーズ化され、

『ロンドンに行きたい85』とか、まるで

『北の国から』みたいなタイトルで出てましたね。

『新 ロンドンに行きたい』とか。

モチロン毎年買ってました。

b0133206_21205952.jpg

トドメに出たのが『青春するロンドン』という本で、

これはシーンの様々な重要人物などにスポットを当てていて本当に面白かった。

他でも書いたことあるけど、

なにしろスカの事もDJの事も何も知らなかったのに、

ギャズメイオールの存在をこの本で読んで記憶していたのだ。

この本は今でも大事に持ってます。

(ちなみに『ロンドンに行きたい』シリーズは借りパクされてしまった)

b0133206_21223275.jpg

そんなこんなでロンドンに興味を持っていた自分の知識は、

100%水上はる子さんからの受け売りだったので、

僕にとっては偉人でしかなかったのです。

90年代以降、お名前を見かけることが少なくなり、

近年は全く状況を知らなかったので、 

今回の突然のカムバックは僕にとってビッグニュースだったのです。

この『レモンソング』は小説であり、

内容もフィクションということになっているが、

コレは水上はるこさんの実体験そのものだと推測している。

まだちゃんと読んでないけど。 

読んでなくてもとにかく紹介したかったから。

いつか御本人にもお会いしてみたいなぁ。


[PR]
by imag0020 | 2018-10-08 21:14 | My Favorite Things

DJ / 音楽評判家 / 80's洋楽王 / マットマートンファンクラブ / アイマグ編集長


by imag0020
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31