人気ブログランキング |

アイマグブログ― カマタヒロシ 

imag002.exblog.jp ブログトップ

<   2020年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

対象

対象_b0133206_12443829.jpg

『ドラえもん』は、 

小学館の雑誌「よいこ」「幼稚園」「小学一年生」「小学二年生」「小学三年生」「小学四年生」の6つの雑誌の1970年1月号で連載がスタートしました。 

そのため、 各雑誌の対象読者別に描き分けられた6種類の第1話が存在しますが、 てんとう虫コミックス第1巻には「小学四年生」版を、 加筆・修正したものが収録されています。

対象_b0133206_12492989.jpg

昨年末話題になった『ドラえもん』0巻

やっと読みました。

コレはめっちゃ良い企画。

てんとう虫コミックスから『ドラえもん プラス』っていう

新巻のシリーズが出ているのはコンビニでたまに手に取ってみてたけど、この0巻はもう一つ踏み込んだオールドファン向けの企画というか。

対象_b0133206_12482352.jpg

上のキャプションにある通り、

1970年1月に連載開始したドラえもんは今年50周年を迎えた。

コミックス第1巻1973に出たらしい。

まさに僕が小学生の時にドラえもんのストーリーも同時進行していたリアルタイム世代だ。

ドラえもんの専門誌とも言えるような

コロコロコミック』が創刊されたのが

1977年らしいけど、僕らの世代はそれ以前から小学館の学習雑誌で読んでいた。

なので、今回この企画で、

そうか、確かに自分が小学二年生の時は『二年生』しか読まないわけで、

他の学年誌でもドラえもんが連載されていて、

しかもそれが対象学年に合わせた内容になってたなんて考えもしなかった、と。

F先生、一体何本の同時連載を抱えてたんだろう?

後から知った話では連載開始当初は人気があまり無くて最初のアニメ化も失敗したと。

人気に火がついたのはコミックスが出てからだという。

F先生なんて生涯ずーっと売れっぱなし漫画家だったイメージあるけど、

実は手塚先生なども、みんなスランプもあったし人気の浮き沈みを経験されていると。

対象_b0133206_12471043.jpg

この有名なドラえもん新連載開始を告知するページも、机の引き出しから出てくるという設定以外何も明かされていないし、

どんな姿形をした登場人物なのか、

タイトルすらも書かれていない。

実際、F先生はギリギリまで何も具体的なアイディアが浮かんでいなかったと書かれている。

そんな始まりだったにも関わらず、

半世紀経った現在もこうやって新巻が出版され、

それが売れに売れまくって大重版、

なんと40万部突破とか。

世代だけじゃなく国境まで超えて支持されている。


僕はドラえもんのコミックスは好きだけど、

テレビアニメはほとんど観ていないし、

劇場版なんて一度も観たことない。

対象_b0133206_12505049.jpg

一番好きな話は17に登場するバイバイン』です。

なぜかこの時のドラえもんとのび太のおやつは、

どら焼きではなくて栗まんじゅうという渋さ。

ミルクボーイの「もなか」のネタじゃないけど、

栗まんじゅうを山ほど食べたい子供なんているのだろうか?

僕は誰かとドラえもんの話になったら必ずバイバインの回を話題に出してます。


最後に、

実はドラえもんよりドラミの方が好きだし、

もっと言えば大人になってからはF先生よりA先生の作品の方が好きになりました。

A先生のダークな世界観の方が自分には合っている。

(F先生の短編集は黒くて面白いなと思う)

とは言え僕らの世代はみんなそうだと思うけど、

子供の頃は藤子不二雄は本当に

お2人で合作してると信じてましたけどね。


by imag0020 | 2020-01-22 12:43 | My Favorite Things

不在

不在_b0133206_15041843.jpg

2020.01.31 FRI

FREEDOM SOUNDS 2020

@BAR CAEZAR

OPEN 20:00 -25:00

ADM 2000w1d 


DJ

カマタヒロシ

Nori

KURIBAYASHI RYO

MILK-TEA

PURI

DOC.KOYAMANTADO

VOOSE

OKA


LIVE

EKD


FOOD

とぉから


SOUND SYSTEM

草の根音響


TRIBUTE TO SHIGERU YASUOKA

as Warrior Charge


昨年末また一人仲間がこの世を去りました。

ライヴ会場や様々な現場でPAやミキシングなど音響面を支えてくれた重要人物であり、

地元高知を中心にオーガナイザーとしても活動していて

僕もラヴジャマイカンに度々ブッキングしてもらっていました。

例えばライヴハウス等でイベントがある場合は、

通常その箱の専属のPA担当者がいたり、

小さい箱だと店長さん自らがPA卓の前に座ってたりします。

モチロン彼らは音のプロ、職人なのですが、

ほとんどの人がロック畑出身で、

レゲエやダブなど僕らの求める音域を理解してもらえないことがよくあって。

そんな時に彼のようなエンジニアの存在が非常に重要な役割を果たしてくれました。

実際、彼はあるスカバンドの専属でもあったし、

よく松山でライヴをやってたCOOL WISE MANなども彼に信頼を寄せていました。

ルースターズの花田さんとか、こだま和文さんとか、

僕の憧れの人達がお店に来てくれたり、

ラバダブマーケットなんかも元はと言えば、

彼との繋がりから付き合いが深まっていったように思います。

ほとんど無茶ブリと言えるような意表を突いたブッキングも彼独自のもので、

クボタはランキンさんと2人で高知に呼ばれた時のことは忘れられないって言ってた。

規模の大きいフェスっぽい企画もいろいろやってたし、

彼のある意味強引なスタイルは四国のレゲエシーンを統一できるコミッショナーみたいな存在になれたかもなって今となっては本気で惜しまれます。

本業が安芸市でラーメン屋さんを営んでいたので、

店に阪神の選手が来たら「いま藤川球児が来てますよ!」とか連絡くれたりして、

「いま来てるって言われてもどうすることもできないけど 笑」

って、やり取りも何度もありました。

わざわざ阪神OBの人のサインを貰ってきてくれたり。

何か閃いたり思いついたら即電話してきて、

一方的に熱く語ってくるので僕はいつもただ聴き手に回ってたけど、それももう無いんだなって思うと彼の不在を実感してきました。

僕は基本的に追悼パーティみたいなのには出ないことにしてるんですけど、

それでも今回ばかりは彼の好きだった曲を思い出してかけてみようと思ってます。

久しぶりのシーザー出演でもあるので集まってほしいですね。





不在_b0133206_15080246.jpg
"Warrior Charge" (2006)


不在_b0133206_15092148.jpg
"Hottest Neo Classics" (2008)
やっぱりコレが一番思い出深い

不在_b0133206_15104303.jpg
"Hottest Hits Outernational 2" CD (2007)
このCDは彼の発案で彼の立会いのもとらぶじゃま店内でレコーディングさせてもらった一枚。

不在_b0133206_15140877.jpg
"Super Rock (仮)" (2017)
彼の企画で高知に行った最後のパーティ。w.Bun Bun the M.C.



by imag0020 | 2020-01-14 15:03 | インフォメーション

架空

素晴らしき邦題の世界 シリーズ vol.21

架空_b0133206_14503883.jpg

Lexia / Good Morning To You


レクシアこと、The Jean Leccia Interpolationによる1972年ソフトロック名曲

Good Morning To You

が、架空の国内盤7インチとしてリイシューした。

架空_b0133206_14511734.jpg

↑US盤7インチの存在は知っていたけど、

この曲がクラブ界隈で流行した90年代当時は

ほとんどのDJLPでプレイしていたと思う。

アルバムも希少盤としてそれなりに高額で売られていたので、

当時は欲しいと思ってもなかなかレコ屋でお目にかからなかった一枚だろう。

僕はこの曲が初めて紹介された(と思われる)

今はなきCISCOのフリーペーパーの記事をよく憶えている。

その後、辰緒さんのテープに収録されたりして、

あっという間に人気曲になったのだが、

「みんなが知らなかった良い曲を良いDJが良い流れでプレイしたらみんなが欲しがる」

っていうミックステープ黄金期の代表的な一曲だろう。

ただ、レクシアが1972年にヒットした訳ではないので、

世に現存する枚数もそれほど多くはなく、

どこのレコ屋でもお金さえ払えば買える、なんてことはなかった。

実際、僕もアメリカのレコ屋やディスクマーケットで出会ったこともなかったし。

前述のUS盤シングルも滅多に見ないけど、

DJが「日本盤の7インチも出てたらしい」

なんて話をしていたので探していたが、

未だに見たことはなく実在するのか不明。

今回「世界初の7"シングルフォーマットでの復刻

と謳っているが、

いまこの曲のシングルをわざわざ復刻するなんて日本ならではだろう。

海外でも余程コアな人じゃないと反応しないかも。

それにしても今回のような7インチ架空復刻が増えている。

架空だから当然アートワークもオリジナルだし、

邦題も今回の為に付けたものになる。

(カップリングもUS盤とは異なるので厳密には復刻というよりオリジナルリイシューだ)

とても面白い試みだし、もし当時日本でリリースされていたならこんな感じだったのかな?と思わせる仕上がりにはなっている。

実際、僕はこの復刻リリースを知らなかったので、

たまたまネットでコレを発見した時、

「エーーーッ!ついに日本盤を見つけた!」

と一瞬だけ興奮してしまった。

でも、肝心の邦題が「キミにおはよう

って確かにありそうではあるけどちょっとなー

ありそうなのを狙いすぎてる。

大喜利じゃないけどセンスあるDJを集めて

「もし、この曲の日本盤があったら邦題を何と付ける?」

って、みんなに書いてもらって決めるとかね。

そういう僕も思いつかないですけど。

って言うか普通にカタカナで

グッドモーニングトゥユー

で良くないですか?

でも、それじゃ面白みに欠けると思って邦題を考えたんだろうなぁ。



by imag0020 | 2020-01-14 14:49 | 素晴らしき邦題の世界

穴居

素晴らしき邦題の世界 シリーズ vol.20

穴居_b0133206_11323169.jpg
The Jimmy Castor Bunch / Troglodite


ジミーキャスターバンチと言えば、

そのイントロが聴こえただけで

年令、性別、人種関係なく踊り出さずにはいられない、

Bボーイクラシック "It's Just Begun"

で知られるが、

この曲はその同名アルバムに収録され、

シングルとしてはビルボードチャート4位という大ヒットを記録している。

It's Just Begunほど有名ではないが、

この曲も冒頭のセリフなどが数多くのヒップホップや

ダンスミュージックでサンプリングされている。

で、本題に入るが、この曲のタイトルは、

Troglodyte (Cave Man)

だから、この邦題はほぼ直訳になるのだが、 

原始穴居人」と書かれてあるのを見て

すぐさま「げんしけっきょじん」

と読める人は少ないかもしれない。

しかし、原題「トログロダイト」も難しいので

インパクトのある邦題を付けたのは正解だったかも。

僕はB面の『I Promise To Remember

が好きで昔よくかけてました。

Free Soul』コンピなんかにも収録されていた記憶あり。

それにしてもこんな国内盤シングルが1972当時に

リリースされていたのも凄いし、

それを買ってた人も凄いなーって思うし、

それが、ちゃんとこんな綺麗なコンディションで残ってた

状況も凄いなって感心する。

こういう日本盤って以前は偶然見つけることもあったけど

今はなかなかねぇ。

ホント誰のせいなんだろう。



by imag0020 | 2020-01-07 11:31 | 素晴らしき邦題の世界

時差

今年もよろしくお願いします。

もう世間との時差ボケが凄い。

時差_b0133206_12445752.jpg
時差_b0133206_12484974.jpg

HUF X PULP FICTION

1994年に公開された映画監督クエンティン・タランティーノの傑作

PULP FICTION』。いまも世界中に熱狂的なファンをもつその名作カルト映画と手を組んだ、今季スペシャルカプセルコレクションが登場。

時差_b0133206_12462354.jpg

映画『パルプフィクション』25周年記念で

昨年末にHUFとのコラボ企画ウエアがリリースされていた。

スターウォーズの40何周年っていうのは

第1作公開時に子供だったから理解できるけど、

パルプフィクションの25周年はねぇ、

もうそんな前なのか、という感じしかない。

90年代のカルチャーを振り返った時に一連のタランティーノ作品は必ず出てくると思う。

レアグルーヴやブラックスプロイテーション再評価に連動するような雰囲気。

時差_b0133206_12485443.jpg

サントラが優れた選曲のコンピレーション盤として重宝されていたこと、など。

時差_b0133206_12510981.jpg

"Let's Stay Together" Al Green

なんて映画のシーンを連想しながらクラブでかけてたな。

ロクなシーンじゃないけど

あ、でも「レザボア」のサントラに入ってる曲の方が今でもかけてるかな。

時差_b0133206_12512855.jpg

"Little Green Bag" George Baker Selection

こんな7インチが昨年オランダでリイシュー

まぁ、今更パルプフィクションについて語るのも滑稽だし、

実際何年も観てないけど。

今回のコラボ、Tシャツやスウェットなんかは特に欲しいと思わないがデッキは良いなと思った。

こういうコラボって、supremeとかでもよくやりがちですけどね、最初このHUFのデッキを見た時はオフィシャルだと思ってなくて、

昔のスケートブランドならサンプリングで出してたけど、

今はちゃんとしてるからなって。

このユマサーマンのプリントは良い感じでブートっぽくて好き。

HUFは確か僕がサンフランシスコに行ってた頃にオーブンしたのでレコ屋をハシゴするついでに入ってましたけどね。

でも、こういうのはみんな買っても乗らないで部屋に飾ってるんでしょ?


by imag0020 | 2020-01-06 12:43 | My Favorite Things

DJ / 音楽評判家 / 80's洋楽王 / マットマートンファンクラブ / アイマグ編集長


by imag0020
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31